アムウェイビジネスをしている人でも、相手の人格まで否定しなくていい。だってビジネスだから。

car-690275_640

強引な勧誘でも断れるようになってくると、アムウェイビジネスをしている人たちについての見方が変わって来る…というお話。

スポンサーリンク
ad

縮小する世界でビジネスをしている

何故人がアムウェイビジネスに取り組むのかというと、ほとんどの人は収入を増やし、成功した人生を送るため。夢、夢と語る彼らを見ていると、時々切ない気持ちになります。

アムウェイビジネスに将来性があるのか、というと、決してそうではありません。

ないとはいいませんけど、日本アムウェイ合同会社が公表している概要データから見ても、会員数・売り上げともに頭打ちどころか下降気味。ビジネスとしては縮小局面にあることは間違いありません。

しかも今後、アムウェイが見直され、商品の価値が上がり、ビジネスが広がる可能性は少ない(これだけ被害が広がってしまうとね…)。

勧誘、売り込みをするとき、アムウェイの商品を紹介するという目的を告げずにアポを取るのは違法なのですが、今時「アムウェイ」という単語を出して警戒されないはずもない。

大変な努力をしていると思うんですよ。歓迎はしませんけど。

girl-839826_640

きっぱり断るのはお互いの利益のため

日本ではどんどん縮小している市場の中でがんばっている人たちのことは気の毒に思いますが、では自分が犠牲になっていくばくかの彼らのキックバックのネタになるのか、というとそれはお断りしたいです。

でも、彼らの目的のために行動する、ポジティブなエネルギーは素直にすごいと思うんですよね。

ただ、周囲も相手も見えてないから不快にさせちゃうことが多い。残念、と。

最近は滅多に勧誘もされなくなりましたけど、断るときは相手のためを思って、きっぱり断ることができるようになりました。

私にこだわっても時間の無駄である、ということをさっさと理解してもらう事はぶっちゃけて言えば相手にとっても自分にとっても利益

勧誘してくる人にとって、これは飽くまでビジネスですから。長く時間をかければかけるほど、時間的コストも含めて、相手はコストを取り戻そうとやっきになる→しつこくなる。

お互い不快な思いをしたくなければ、自分にとって貴方の勧誘は不要ということを、短時間でがっつり理解してもらうのは、むしろ心遣い。

彼らのエネルギーを次のターゲットに、というか、新しいビジネスに向けて社会の役に立ってもらうためにも、きっぱり断ることをお勧めします。

asian-413123_640

需要に応えるのがビジネスの鉄則

アムウェイビジネスでよくやっている、ランクが上の収入がある人の豪華な自宅サロンに人を招いて商品を売るというような「サロン販売型の小売り」っていうのは、小売り業としてありありだと思うんですよ。

小売りじゃなくても、サロンに人を集めるだけで、何かしらビジネスはできると思います。

なぜそこでアムウェイにこだわるのか??

小売りだってもっと割のいい商品を探した方がいいんじゃない? というか、ものを売らなくていいよね。ワークショップなどを共同で開くなどでもいいんじゃない?

というようなことを、相手には伝えないけれど、非常に感じますね。アムウェイビジネスにこだわっている人たちは、そこらへんの練り込みが足りないんじゃないかな。

社会の需要に応えるのがビジネスの鉄則です。

アムウェイ商品の需要というものがどれほどなのか、他の商品とくらべてどうか、一度ちゃんと検証するべきじゃないでしょうか。

それをせずに、ただ会話のキャッチボールだけ研究している彼らは、時間の無駄と言っていい非常にもったいないことを、ずーっとしている。

そこを気の毒に思うと同時に、そこに巻き込まれて自分の時間を失う事は避けるべき、とも思います。

相手がしているのはビジネスと思うこと

何度か書いていますが、勧誘してくる相手はそれがビジネスだから勧誘しているにすぎません。ビジネスだからしつこく勧誘するし、自分の営業が成功するまで粘ろうとする。

彼らの回りくどい、しつこい勧誘に、ほとほと困っている人は多いと思います。もうアムウェイの勧誘をしてきた時点で、相手は友達ではなく、自分もビジネス人格で対応すべきです。

相手に嫌な思いをさせず、うまい言い回しで断りたい、とか、そういう願望は捨てましょう。

しかし、こちらが嫌な思いをしているからといって相手の人格まで否定するのは止めましょう。向こうのビジネス人格に「強引」とか「しつこい」とかいうものが含まれているだけですから。

きっぱり断れない、断って藻通じない場合は、さくっと日本アムウェイの解約・返品相談窓口へ。

と同時に消費者センターへも連絡を。

企業である日本アムウェイに圧力をかけるのは、行政からの注意が一番効果的です。

専用サイト作りました!

ネットワークビジネス関連の対策についての記事は今後以下のサイトに投稿します。役に立ったら嬉しいです。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA