西郷どん 第一回「薩摩のやっせんぼ」運命の人が主君だった祭り!

スポンサーリンク
ad

はじめに

大河ドラマって非常に重層的・複合的なコンテンツでして、歴史の中でも外交史や政治史、風俗史、地理、さらに文化人類学的な知識、過去大河へのオマージュと現代日本の問題などが盛り込まれています。

つまり楽しむのにちょっと訓練が必要だったりする。

もちろん、自分が見えるストーリーや好きな役者さんを追いかける見方でもいいんですが、楽しみ方を知ってしまうとどんどん深掘りできて一層楽しいコンテンツになります。

こちらのレビューではその辺をお知らせして、大河ドラマを1年、一緒に楽しんで行けるといいな、と思います。どうぞよろしくお願いします。

・・・・・・・・

さて、物語は明治31年12月18日、上野公園の除幕式での、西郷隆盛の最後の妻・糸の有名なエピソードから始まります。

「銅像の顔は夫に全く似ていない」

これは有名な史実でして、あの有名な銅像は西郷隆盛の弟と従兄弟の顔をモンタージュして作られたもの(と言われています。実際は別モデルがいたらしい)。

では、妻・糸にとって、西郷隆盛とはどのような男だったのか。という謎かけから物語は始まります…

幕末の薩摩藩

という訳で、大河序盤の伝統・子役劇と現地ロケの第一回です。

初回といえば、主人公が育った基本的な環境と人間関係を、今後を見据えて視聴者にがっつり見せる回で、子役劇があまり好きではない私にはだいたい毎年ちょっと苦役なのですが、今回は珍しく楽しかった。

西郷隆盛が育った九州の南端、今でいう鹿児島県であるところの薩摩藩。鎌倉以来の名門・島津家が納めるその地は、勇猛果敢で大変恐れられていました。

もうちょっと言うと、古代ではこの地の居住者は隼人族と呼ばれていて、おそらく異民族でした。海の民としての彼らの勇猛さは、独特の風俗を残し、まあつまり腕っ節を鍛えることと勇敢であることに大きくステータスを振る価値観が根強かった。

それが武士という職業軍人制度とマッチングした結果、ちょっと現代では描写できない残酷さと無謀さを誇る蛮族が出来上がったんですが、さらに恐ろしいことに室町末期の豊臣秀吉の九州攻め、そして関ヶ原の合戦で徳川方に敗北した敗者となった彼らは外交と政治と経済の大切さを知ってしまう。

こうしてこの地域は江戸期末には智勇に優れた人材を多数輩出し、明治維新を牽引するようになります。

今回はその人材たちの子供時代なんですが、こういう下地があるドラマですから、決して子役が可愛いだけの劇ではないんですね。

薩摩の郷中組と呼ばれる薩摩独自の教育組織と教育を通して、当時の島津藩の空気が描かれるんですけど、映像の美しさとは裏腹に、それは身分差や経済格差をあらわにした非常に生々しい世界です。

今回、関ヶ原の合戦における有名な「島津の引き口」をリスペクトした「妙円寺詣り」というイベントが大きな事件になるんですけども(島津の引き口について検索推奨)、そこできらきらしい大鎧をつけた良家のボンボンが、足軽風の当世具足をつけた主人公にに「優勝するのは俺たちだ。貧乏人は下がってろ」と脳筋主義少年ジャンプ的に喧嘩を売り、それに対して小吉もまた頭を下げながらギラギラと嫌味で応酬する。

子供の世界の独特の過酷さ・残酷さがすごくいい。

この妙円寺詣りのシーンには妙な既視感があってですね、ハリー・ポッターシリーズにおける、グリフィンドールとスリザリンの諍いを思い出させてですね。

勇敢であること、誇り高いこと、そこに身分差と競争を持ち込むと、洋の東西を問わず子供時代はああなるんだなあ…と感慨に耽りつつ、ハッフルパフ的な価値観が多様性の許容に置いていかに重要な存在であるかを再認識しました。はい。

男と女

さらに、この妙円寺詣りでは「男女差別」も描かれます。

このお詣りは、20kmを甲冑をつけて走破するという勇壮かつ過酷な強行遠足なんですけども、小吉たちと同じ下加冶屋町にすむ女の子・糸ちゃんが、男装して参加し、彼女の活躍で小吉くんたちの郷が優勝してしまいます。

糸ちゃんは活躍してしまったがために女性であることを晒され、満座の中で「女が何をしているのか」と侮辱されることになります。

このあたりの描写はツイッター上でも賛否両論というか、否定的意見の方が多かった。確かにちょっと甘いなーと私も思いました。

が、文明の安定を図るための規範が定着した結果、文明末期では逆に閉塞をもたらし、次代では改善されるっていうのは歴史ドラマでは非常に重要な要素ですから無視することはできない。

身分差別、男女差別というのは、貧しさ由来の「選択と集中」の結果です。十分な豊かさがなかったから、リソースを一部に集中せざるを得なかった。それが過去に手柄を血筋と、男性、であった。

社会とマッチしすぎたシステムは必ず末期に劣化しますから、幕末・明治維新というものを描くとき、この問題は避けて通れません。

とは言え、当時当たり前に行われていた「男女の別」をそのまんま描かれても、受け取る方はかなりしんどい。

ですからこのエピソードの入れ方とか表現の仕方は、この時点では十分工夫されたものだったと思います。少なくとも私はこのエピを持って、西郷どんはダメそう、とは思わない。

ただこのエピを入れた意味ですね、これが、西郷隆盛のモテ要因の一つに「共感性」を据えるためだけだったりしたらちょっとあれですけど、人の気持ちがわかる、理解しようと務める姿勢というのは、リーダーとして欠かせない才覚だと思いますので、そっち方面のエピソードであることを信じたいと思います。

むしろ問題は、史実ではまだ生まれてない糸さん(西郷隆盛の15歳年下)が登場しちゃったことである気がします。味噌汁案件にはくれぐれも気をつけて欲しい。いやマジで。

弱者への転落

ところで、妙円寺詣りの件は後を引きます。祭りの前に小吉に喧嘩を売り、そしてお参り競争で負けたボンボンが、遺恨のあまり、モノホンの槍を持って襲撃してくるんですよ。なんという蛮族…!

薩摩ルールでは鞘から刃を抜いての喧嘩は死罪なので、ボンボンも抜刀はしないんですが、喧嘩の最中に鞘が割れ、小吉は腕に怪我を負い、それが障害として残ったことから刀を振るえなくなってしまいます。

体格に恵まれ、腕っ節も強いという、薩摩という社会の価値観に適応していた小吉にとって、これは大変な挫折でした。

一瞬で「刀を振るえない侍」という社会弱者に転落してしまった小吉は、自分の存在意義を失って非常に苦しみます。ここは主役としては定番展開ですが、これを小吉役の渡辺蒼くんでやったのがよかった。とっても繊細で、健気さがあり、切実なシーンになりました。

私がなんで子役劇を好まないかというと、子供の可愛らしい仕草や表情を見て愛でる、という趣味があんまりないからなんですけど、いえ私だって人並みに和んだりはしますが、45分もそれを見ていられないというか、なんかこう、大人視線の子供への押し付け、とメタ思考に陥るんですね。

今回も大人目線を若干感じましたけれど、挫折と再生という難しいテーマを俳優としてシリアスに演じさせ、質的に大人のドラマと遜色ないものに仕上げてきたのは見応えがありました。

過酷さ・残酷さと共に健気さと希望という描写に、制作班の真摯な作劇を感じました。私はそこに期待を寄せるものであります…。

渡辺謙の圧倒的存在感

障害を負った小吉は、この固定された身分社会で自分が生きていくことができるのか、自分がいきていく意味とは何か、という恐ろしいほどの存在不安に陥ります。

もう自死すら意識するくらい追い詰められるんですけど、それを救うのが我らが世界のケン・ワタナベでした。いや今回は完全に謙さんが正しく使われていましたね!

小吉たちが島津家の別邸に忍び込む→いくら子供でも死罪では…ギャグにしていいのか?すごくかわいい演出だったけど…(モヤモヤ)→謙さん

糸ちゃんが女の子とバレて晒しあげられる→これも十分にひどいけど当時はさらにこんなもんじゃないはず。でもここで男女差別問題出すか…(モヤモヤ)→謙さん

「侍の時代は終わる。腕力じゃないところで強くなれ」→え、この時点でそれは未来見えすぎじゃ…(モヤモヤ)→謙さん

小吉くんは世子の君の言葉に希望を抱き、立ち上がるのでした。

・・

・・・・

・・・・・・・

謙さんの島津斉彬だからまあいっか。

と納得せざるを得ない!!

まだ初回だからエピソードづくりが微妙になるという構造的弱点を補う見事な渡辺謙の存在感の活かし方で、むしろこういう豪腕は積極的に評価したいと思いました。

いやでも本気でね、この主人公の運命を変えていくのが優れた主君(上司)っていうのがね、いいんですね

優れた年長の同性がロールモデルになるっていうの、割と普遍的なものだと思うんですが、ロマンチックラブ礼讃と上流批判が一般的な現代では、実は受けとる方が難しいのかな?ドラマの主題になれず、サブに流れていくの、実は本当に残念に思っています。

ところで島津家の別邸である仙厳園の敷地内で、斉彬が武器開発などを色々やっていたというのは時期的にはともかく史実であります。

疾走感と細部へのこだわり

というわけで、初回は大変楽しい謙さん充子役充でした。あ、映像も美しかった。

セットがいい感じに古びてるのと、人物の着物のくたっとした感じ、脂染み、汚れ、埃っぽさと、明るい光と水と緑の柔らかくて鮮やかなコントラスト。

そしてそこにいる子供達の目がキラキラしててね、もうね。

でも凝った映像に対して、主人公まわりと島津斉彬公の紹介に終始し、多くを盛り込まなかった。それが初回という掴みに、逆に効いていたと思います。

とはいえ、親バカ満載で品がないルミ子由羅の方が、美しい伝統的な衣装を久光に見立てていると思われる箇所や、またカリスマが全くないけど可愛げはある感じの青木久光の描写など、細部へのこだわり、今後への仕込みもされていて、今の所とても良い感じ。

意外とこの制作班は「引き算」のドラマを作ってくる侮れないタイプかもしれないなーと思いつつ、今後も厳しく見ていきますよ!

〈AD〉

以下は有料マガジンのご案内です。

togetterでの大河まとめの作成は毎回7-10時間を要し、自分だけで頑張ることに限界がきてしまいました。継続のため、有料コンテンツを作成し支援をお願いしています(いただいた支援はPCなどの買い替えや、入力機器の購入、ブログのシステム的な保守に主に使用させていただきます)。よろしければご検討くださいm(_ _)m

まとめ職人の朝は早し

※西郷どんのレビューはnote上で行う予定です(2018年内は無料公開してますのでお気軽にフォローをどうぞ)。こちらのブログにも5回ごとに転載予定です。

2018大河 西郷どんレビュー

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad