支援のお願い。改めて有料コンテンツのご案内です。

先月はみなさんをお騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした。

改めて有料コンテンツのご案内をさせていただきますね。

togetterまとめ、ブログはこれまで通り無料公開です

大河TLまとめの作成を続けていくためにご支援をお願いしています。

自分は趣味以上の意義を感じて取り組んでいますが、大多数の方にはそうではないことは重々承知していますので、同意していただける方にだけお願いできればと思います。

支援する必要を感じない、支援したくない、という方にまでお願いすることは決してありません。

いただいたご支援は、機材の買い替えや、ブログの運営・セキュリティやバックアップの導入などに、大切に使用させていただきます。

togetterまとめ・当ブログは引き続き無料で公開していきますので、どんな方にもこれまで通り、まとめやブログを楽しんでいただければ嬉しいですよ。

note始めてます

支援方法は、noteというプラットフォームにて、「まとめ職人の朝は早し」という、全く朝早くないメモ&エッセイを公開していますので、ご購入ください。

だいたい月に10〜20本を不定期更新して、一ヶ月300円の定額課金マガジンとなっています。

こちらのマガジンでは、体験のシェアを目指していて、まとめ作成や大河応援活動の中での気づき、メディア論的なものなどなどを雑多に書いています。

なお定期課金マガジンは月ごとに決済されますので、今ですと11月からの購読がお得?です。(課金している間は過去のエントリも全て読めます)

noteには、他にもブログで公開した記事のうち、放送が終了したものなどを順次移行していく予定です。

記事全てを移行させるのではなく、人気のあるエントリはブログにも残していく予定です。

というのは「無料」というサービスにもまた可能性を感じるからです。

noteは不要という人が意外と多いため、ご支援は、amazonギフトでも支援を受け付けてます。

こちらのページからanchovy244@gmail.comにお送りください。

どうぞよろしくお願いいたします。

運用して1ヶ月

現在、noteの方は約40名さまにご購読いただいています。他に、9月は約10名の方からamazonギフトによるご支援をいただきました。

地雷魚先生との話し合いで収支報告をするということをお約束しましたが、その後、支援金額は公開しないで欲しいというご要望を複数いただき、悩みましたが、詳細なご報告は控え、ざっくりとした形でのご報告とすることにしました。お許しくださいm(_ _)m 

9月は合計約5万円、10月は約1万円のご支援をいただきました。

支援のお願いをしてから約一ヶ月経ちますが、作業の優先順位が、

1.TLまとめ 2.note 3.ブログ 4.その他

と整理されたことで、活動がとてもやりやすくなりました。

また、SOSを受け取めていただいたことで、気持ちもとても楽になり、ご支援もそうですが、厳しい批判も含めて多くのご意見をいただいたことに感謝いたします。誠にありがとうございます。

これから

noteの購読者数100名目標を目標にしていまして、あと二ヶ月、すでにご支援くださったみなさんのために、できる限り努力をしていきたいと思っています。

(コツコツまとめたり、コツコツ画像外ししてリニューアルとか、何かしらアウトプットしていくのみですが)

私は現状を、以前書いたこのエントリのように考えていまして、

沼田市の講演会や、3月の特別番組などで、真田丸を担当したPたちが、まと丸やTwitter民との関わりについてちょこちょこ言及してくれ...

好意的なエビデンスをネット上に定期的・定量的に残していくこと、それから「場」を作っていくことでとても面白い何かが起こっているように見えるので、まずはこれを続けていきたいと考えています。

ビジネスにする、ということは、現状も何かしらを販売しているのでビジネスなのかもしれませんが、例えばコンサルのような形での本格的なビジネスを立ち上げることは、自分にとっては現実的ではありません。そんな力はありませんし。

SNSのどこかで誰でも望む人がゆるく交流できるような「場」を安定して維持することで、そこから誰でもなんでも持ち帰って欲しい。もちろんそれが個人的な楽しみであってもいいですし、仕事の種的なものでもいいと思います。

というか、そうなって欲しいな、と思っています。私自身が具体的に何かことを起こすよりも、そちらの方が可能性を感じます。

できれば自分の中で安心して活動が続けていける環境にしたくて、ご支援をお願いしました。基本的にはこれからの作業にかかる「必要経費の分担」をお願いしたいと思っています。

というのがだいたい月の購読者100名さま(2万円くらい)と思っています。もう少しいただければ大変ありがたいところですが、5万円を超えた時はなんらかの形でみなさんにフィードバックをしていきたいと思います。

(入場無料の講演会で、ログ配布も含めてのような形がいいかな、と思っています)

ご理解・ご協力いただければ、こんなに嬉しいことはありません。どうぞよろしくお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする