34回「隠し砦の龍雲丸」脚本演出<今週もどんどん殺るよー。お頭、龍雲党、死なないで。堀川城攻めの巻…

前回、小野但馬が退場し、今週は龍雲丸がピーンチ。

なんの救いもない酷薄な戦の様相をつぶさに描いて視聴者を殺しにかかってくる脚本と演出でしたが、みんな、生きてるかー!?

というわけで、34回を軽く流していきましょう。はい。

今回は、小野但馬を手にかけた直虎、次郎様のその後と、徳川による気賀・堀川城攻めのダブルプロットです。

スポンサーリンク
ad

壊れる次郎法師

前回のラストで小野但馬を自ら手にかけ、領主としての気骨を見せた直虎、次郎でしたが、その代償は大きすぎた。

龍潭寺に戻った次郎は、記憶の混濁を起こします。

近藤康用が井伊谷を狙って謀略を仕掛けてくる、但馬と共にそれを防ぐ策を講じなければならない、と一人で碁盤に向かい、石を置き続ける。

ここで壊れちゃう直虎は、寿桂尼にはなれない、所詮は小国のおんな城主なのですね。と思いつつも、すっかり壊れて時系列も事実もごっちゃになっている次郎様の痛々しさが胃に直撃して辛いです。

次郎は、但馬の死を認めたくなくて、記憶をどんどん改ざんしていきます。しかし囲碁は一人で打つんですね。但馬を求めて今まで危機の時はそうしてきたように一人で碁をうち、但馬思考をたどる。しかし気持ちの表面では但馬がそろそろ来ますので、と言うわけです。

南渓和尚はこれにすっかり参ってしまいますが、哀れだと思ってるのはこっちの話であって、本人にしてみれば結構幸せなんじゃないっすか、まだ本人にとっては但馬様は死んでないんでしょ、と龍雲丸に言われて、腰を据えて次郎の悲しみと向き合うことにします。

しかしこの後、龍雲丸の言葉が本当にその通りであったことが、図らずも、井伊谷三人衆の中では井伊にもっとも同情的な鈴木重時が、政次の辞世を届けてくれたことで露呈するんですね。

「白黒をつけむとひとり君を待つ、天伝う日も楽しからずや」

直虎を待っていた時間の楽しみを謳いながら、再び会う日を祝し、祈る、愛情に満ちた言葉が、残酷にも次郎を現実に引き戻すって言う過酷展開で、次郎は現実に帰って来ますが、今度は真っ正面から苦しむことになります。

正気に戻ったら正気に戻ったで、もう目を離せない。龍潭寺TOP3が次郎につきっきりでケアをします。

 戦から戦へ

政次の辞世を届けてくれた鈴木重時は、正室が奥山の娘(しの・なつの姉妹か、叔母かな?)なので、和尚は政次の死の詳しい事情を話します。

重時は、縁戚の井伊家の若者を守れなかったことを悔いますが、和尚の「では政次を返してくれ」と言う言葉に、自分の情けなど今の井伊にとっては迷惑でしかないのだと突きつけられ、立ち去ります。

乱世の理に打ちのめされるも、帰っていく場所はまた戦場と言う地獄。これをごくごく凡庸な鈴木殿がさらりと表現するのが良い場面でした。

私の脳内ではオーラの泉が始まり、美輪明宏と江原啓之が「武士は成仏できない人が多いのよ」「殺生をしますからね」と国分くんに説明していましたよ。

武士の暗黒部が、近藤殿ではなく、鈴木殿で表現されるんですね。

堀川城

で、その間に之の字と昊天さんが川奈に政次の死を知らせたり、掛川城に篭る今川氏真が徳川相手に善戦していたり、方久が徳川方に兵糧・武器弾薬を差し入れたり、定慶が井伊の立場を気遣ったりするエピソードが挟まれます。

方久は方久なりに気賀を守ろうとして徳川に誼を通じるんですが、しかしそれが裏目に出ます。危機感を覚えた今川方の大沢(嶋田久作さん)が気賀を押さえにかかって来ます。

大沢の家臣たちは、気賀の住民を人質&兵力として拉致して留め置く。その中に城の修繕に来ていた龍雲党メンバーがいたために、龍雲丸も堀川城攻めに巻き込まれる。

方久、中村屋(本田博太郎さん)がそれぞれ大沢の手を逃れて、それぞれ徳川に助けを請い、家康がそれに応じて、住民を逃がすことを約束する。

しかし酒井忠次は家康の意向を丸っと無視して夜襲を仕掛け、住民もろとも今川方を皆殺しにしてしまいます。

住民を逃がそうとしていた龍雲党の面々が、今川方、そして徳川方にモブとしてざくざく殺されていくのが、もうびっくりするくらいの地獄。

一緒にイノシシの入ってないイノシシ鍋を食べ、材木を取り返し、城も立ててくれた、気のいい若者らが目の前で無残に殺されていくのを見せつけられるのみ。

戦とは、ただただ、理不尽で突然な死があるだけ。画面は真っ暗で血と泥に塗れて、栄光なんてどこにもないことを突きつけられてぐうの音も出ない。

古典的な戦争には権威の誇示と言う、晴れやかで、どこかスポーツ的な側面も確かにあり、合戦は大河の華なんて言ったりもしますけども、そんな我々を鼻で笑う森下脚本は、全く情け容赦なく、華やかで自由闊達な人気ヒロイン・龍雲丸すら殺しにかかるのでした。

しかもご丁寧に最後は次郎の夢オチ。

お頭&龍雲党は生死不明と言う念の押しようですよ。

果たして現実の龍雲丸の生死は如何(できればカジくんにも生きていて💦

と、直虎が本気になるとどんだけ泣き叫んでも、目の前の事象から目を離すことを許さない鬼畜モードに入ることは、桶狭間から直虎様の城主就任までで体験済みとはいえ、本番はきついですね…

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad