31回「虎松の首」女子大河の最前線の矛・小野政次と、直虎が向き合う「業」。

久しぶりの雑感の更新です(ごめんねごめんね)。

24回以降、神回が続いていて色々書きたい!!!わけなんですが、順番に書いて行くと終わらない可能性があるので、ちょっと飛ばします。

夏休みに追いつけるといいのですが。

それはともかくとして、31回は控えめに言っても神回でした。

いやすげーわ、直虎。

スポンサーリンク
ad

取り潰し

30回のサブタイが「潰されざる者」だったのに、31回冒頭で、あっさり取り潰されてしまう井伊家。無情です。

しかもここはかなりしっかり描写されます。

「徳政令を受け入れ、土地を手放すと明言せよ」と迫られ、起請文に署名捺印させられるという屈辱。そして夜が明けるとすぐに井伊谷城というか、屋敷から女性も含めて全員が追い出される。身一つで。

ここはほんとに大大名に捻り潰される国衆としか言いようのない描写で、容赦がないの最高でした(ひどい)。

でもことさらひどくは描かないの。直虎が毅然と振舞うし、全員が落ち着いて騒がない。悔しさとか辱められた感じを前面に出さないのは好感が持てました。

これちょっと前の大河だと、足蹴にされた挙句「なんてひどいことを!」と言いながら子供をかばう…みたいになってたと思うんです。抑制されてていいシーンでした。

真田丸でも敗戦処理を淡々と描くことで却ってメンタルをえぐられましたが、直虎はえぐい展開をすんなり見せるために同じ手法を使っている感じですね。

でも面白い。取り潰された家が具体的にどうなるのかって描写を見たの、初めてだと思います。

犠牲の上に

ずーっと二重スパイという過酷な役を自ら担ってきた小野但馬さんがさらに一歩進んで、「裏切り者」という汚れ役も引き受ける。

これが高橋一生さんの見せ場になっていて、すごいわけですよ。

実際の二重スパイというか、諜報に関わった人の記録はいろんな書物で読めますけども(例えば「城下の人」)、人間としての柔らかい部分を磨りおろすような非常に辛い仕事で、洋の東西を問わず、多くの人が精神を病むそうなんですね。

そのあたりの小野但馬の苦労が具体的に描写されない代わり、直虎ちゃんとの相克がしつこく描かれてたんだと思ってます。

それにしても、彼が厳しい汚れ仕事を引き受ける理由は、直虎ちゃんへの愛なのか?

私には愛だけではなく、主家である井伊家へ忠義を尽くしたいという彼の思い、それによって井伊に認められたいという願い、なつや亥之介、周囲の人への愛情も大きかったのでは…と思われるんですけども、まあ政次は女子大河として最大の矛ですから、多少観念的になってもブレがないのが大事ですね。

そのために史実と違って最後まで独身であったりするわけですし。

そんな政次は、疱瘡で先のない子供の首を虎松の身代わりに差し出すという、人間としての大きな罪と引き換えにして井伊家を守ります(と現代人である我々には思われるように作劇されている)。

政次は間違いなく味方なんだな?と之の字に問われて直虎ちゃんの心が揺れるのはドラマの都合なんで、しょうがない。

本当に政次を信じていいのか、と誰もが思う中、どこの誰とも知らない子供を手にかけて虎松の身代わりとしたことで政次は自分が裏切り者ではないことを証ます。

直虎ちゃんは、家を守るとはきれいごとではないのだ、と言う自分の言葉が返されたことを理解して崩れ落ちる。しかし、関口を欺くべく、その子が虎松であるかのように振る舞い、声を震わせながら経を唱え、そこに和尚たちも唱和していく。

彼女も生き残るためなら手段を選ばない、修羅の業を背負うのですね。

とこう書くとくどいんですけども、「武家なんて泥棒じゃねえか」という龍雲丸の言葉を認めず、泥棒じゃないように振る舞ってやると言った直虎ちゃんが、泥棒どころではない武家の業というものに向き合わされるのは、ほんと厳しかったですねえ…

しかも彼女のために手を汚すのは、今もっとも信頼する献身的な家臣であり、自分を愛してくれる男なわけですよ。

(さすがの直虎ちゃんももう気づいているだろうと思ってるんですけど、そこらへんはどうなのか)

しかし前回に続いて素晴らしい回で、来週・再来週が待たれまね!

大河史上でもかなり厳しい主人公を演じている柴咲コウさん、来年以降大化けの予感がします。

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad

コメント

  1. きなの より:

    大河の視聴率が低く、また様々な言われ方をしているが、私も今回のおんな直虎は素晴らしいと思う。録画を何度見ても、涙が止まらなくなる。脚本も、キャストの演技も良い。もっと、多くの人たちに見てもらって、良さを共有したい。

    • アンチョビ より:

      >きなのさま
      政次回に合わせて叩いてきたマスコミがやーらしいなあと思いました。私も直虎は素晴らしいと思いますよ!見てない人に見て欲しいとは思わないんですが、見てない人がいるからといって不当な評価を作品に与えるような行動にはnoと言いたいですね!

  2. もざわ より:

    ここまで、エグく描いてくれるとは、年初~3月頃までは思っていませんでした。
    ある意味真田丸より人間の業を描いていて見ていてつらいです。視聴率が上がらないのはそのへんも理由なのでしょうが。。
    #直虎はいいぞ記入してきました。まとめ、大変かと思います他どうぞよろしくお願いいたします。