寿桂尼さまについて調べてみたら面白かった件。

浅丘ルリ子さまの寿桂尼に平伏するものとして、一度書いてみたいと思っていましたが、予想以上に一般人向けの参考資料が少なかった💦

ので、ネットでざっくり検索してみたのですが、久保田先生の論文は、政略結婚の複雑な経緯とか、お父さんとの贈答品の記録とかが見られて胸熱でした(宝の山でしたわ)。

というわけで、寿桂尼さまについてです。

スポンサーリンク
ad

寿桂尼

その他、直虎を勝手に応援するモーメント

勝手に解説ツイを始めました

1544〜1554年の外の世界。今川強い。

井伊家の面々について。昊天・傑山が参戦する小牧長久手までやってほしい!

武田と北条と今川。戦国の奇妙な均衡と井伊の状況が判明していく。

〔スポンサーリンク〕

寿桂尼様の小説といえばこれ。

姫の戦国 (上) (文春文庫)

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad