#おんな城主直虎 井伊家の面々について。昊天・傑山が参戦する小牧長久手までやってほしい!

小和田先生の「井伊直虎」、大石先生の「井伊氏サバイバル500年」、それからwikipediaに全面依存しながら書いている直虎の勝手な解説ツイです。

今回は誰がどんな人なのかわかりにくいので感情移入しにくいと評判の、井伊家の男衆について調べてみました。

その結果わかったことではとにかく残ってる資料が少ないってことです。ある意味大変チャレンジングな大河であるなと思います。

それにしても井伊の男たちとは裏腹に、ヒロインの死後も生き続ける坊主たちの安定感がすごい。直虎の裏テーマは仏教、僧兵かもしれません。

スポンサーリンク
ad

井伊の男たち

傑山は龍潭寺の三世住職に、昊天は五世住職になるそうです。武闘派坊主に見えて知性も兼ね備えた傑山、メガネ知性派枠に見えて実は腕に覚えありの昊天。なにこの坊主のとこで一番ときめく大河は。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA