上杉主従WSレポ:不幸じゃない社畜・直江兼続という男

1/22に開催してきました。

上杉景勝公と直江兼続公の人生の上げ下げを考えるワークショップ(長い)。

スポンサーリンク
ad

テーマ:テンションの上げ下げを見える化

一体この企画で何をしてもらったのか。

えーとですね、こんなようなものを参加者全員に作ってもらいました。

何かというと、二人の人生のテンションをhigh-lowでグラフ化したものです(私の妄想サンプルです)。

御館の乱からの新発田重家の反乱、織田の越後侵攻。

人生が始まった途端にいきなりクライマックスだった上杉景勝公のテンションが、上がったり下がったりしたことは想像できるけれど、近侍していたであろう直江兼続はどうだったか。

実は意外と違ったんじゃないかなーと思ったのが、この企画に至った最初のきっかけです。

二人の一生の気分をグラフ化をして明確にしたらどうなるだろうか、と思ったんですね(どうなるだろうか、というか私の妄想の見える化なんですが)。

実際このように図にするをわかりやすいのですが、これによると長谷堂で死にかけた以外は元気な直江殿が浮かび上がってきます。どうやら私は兼続公のことを、テンション高めのへこたれない系の人だと思っているらしい。

あんまり意識していませんでしたが、直江兼続公とはチベスナ顔の冷静沈着なできる男だと思っていたつもりが、全然そうではなかったのが自分では面白かった。

では、これを他の人が書いたらどうなるか。みなさんの赤裸々な上杉主従観が見たい…

やってみた

というわけでワークショップになるわけですね。

まずは上杉主従の人物紹介、そして人生年表を確認。
(下の方でpdfを一式アップしますのでプリントして是非楽しんで下さい)

(画像は公式サイトのスチールをお借りしています)

上杉家というか長尾家は東漢氏(5世紀ごろに渡来した漢人系の氏族)ということまでわかっているのに、直江兼続のことはあまりわかっていません、ということを延々と説明しました。

あと山内上杉家との紆余曲折を。

年表にしてみると謙信死去から米沢減封までのクライマックス感がすごい。毎年戦争して毎年領土を広げていく上杉主従すごい。

などなどを確認した後、年表を見ながら上げ下げを記入していく作業です。みなさんすごく真剣でした(私は10分くらいでちゃちゃっと書いたので反省した)。

すごくしっかり上杉について調べられている方もいて、大坂冬の陣の上杉担当の戦場・鴫野の戦いのことは私の方がリサーチ不足で、教えていただいたり。

あと、会津移封の際に家臣をほぼ全員連れて行っちゃったのが残念だった、土地さえあれば上司が変わっても生きていけるので、減封の際に召し放ちができたのではという意見が出たりして、すごく興味深く。

(しかし大変だったからこそ直江が生き生きと内政に奔走したとも言える)

そして多かったのが、直江兼続ヒャッハー説。

丸の上杉主従こそ上杉主従、ということで、二人は前世から会う約束をしていたとか、御屋形様に再会できてからは直江はずっとヒャッハーと楽しくワーカホリックとか、最高でした。

御屋形様目線だと、直江に先立たれてがっくりだけど、死ぬ時は再会できると思って気分が上がり、そして転生して遠藤憲一と村上新悟になる。フリーダム素晴らしい。

ヒャッハー直江説によると、長谷堂の戦いでの撤退戦も、米沢減封も、決してそんなにテンションが下がったわけではないそうですww 切り替えの早い直江兼続ww

全員の上げ下げ表。付箋はポイントを書き込んでもらってます。

それを聞いて思ったんですが、直江兼続という人は幸いなことに仕えるべき主人を持った不幸じゃない社畜なんだなーということです(ヒドイ…)

いや晩年はお子さんを先になくすなどの不幸にも会うし、自分が死んだらお家断絶だし、御屋形様を残して死ぬことになったりして、辛かったかもしれないけれど。

しかし景勝公と一緒に戦国の世を渡りきったっていうか、後世の評価はいろいろあると思いますが、割と幸せに生きた人なんじゃないかって思えてきたの、良かったなーと思います。まあ全て妄想なんですけどね w w

あ、もちろん直江も御屋形様と一緒にいろいろ揺れてた説もありましたし、逆に御屋形様が大体フラット説もありました。

いろんな上杉主従の人生が妄想できて、考えていた以上に楽しい会になりました。参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

こちらにセット一式のPDFを置いておきますので、興味のある方はプリントアウトして、ぜひやってみてくださいね^^

上杉WS一式

↑↑↑こちらからDLできます。

…というようなワークショップを、2/26(日)にもう一回開催しようと思ってます。よかったら参加してみてください。

1月26日(木)から募集開始します。

2回目もすぐ埋まってしまうようでしたら、3回目も考えます(ちょっと空けて3月かも)。ワークショップなのであまり人数を増やせないのですよね💦

一応その他の予定も含めて確定分を書いておきますと、

2/12(日)13:00〜「真田丸スピンオフ検討ワークショップ」(1/26募集開始予定)

2/26(日)10:00〜「上杉主従の人生を考えるワークショップ2回目」(1/26募集開始予定)

3/11(土)13:00〜「丸会7回目 全真田丸モンペ選手権」(2/1募集開始予定)

となっています。

※2月はワークショップがメインで、飲み会はお休みです。

ちょっと一度、今考えているイベントの予定をどこかでまとめますね。7月くらいまでの分は大体固まってきたので。

今年一年はまだまだ楽しく真田丸で遊ぶぞー!というわけで、よろしくお願いします^^

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA