〈FBリユース#42〉もっと見たかった兄上vs作兵衛の殺陣。

視聴直後の感想とか、TLまとめを作った後の感想を、「はんすうaid大河ドラマ館」という当ブログのfacebook支店に流しています。

せっかく書いたのにあまり読んでもらってない…というわけで再利用エントリです。

スポンサーリンク
ad

江さま登場

42回視聴終わり。

御文庫の空白は、片桐さんがいた時から
印象深いものだったけれど、

源次郎が現れるの見たら、
治部と刑部のいないIFの世界に
迷い込んでしまったようだった。

エンジンのない車みたいな大坂城と豊臣家。

誰も茶々に本当のことを教えないで
ここまで来てしまった結果がこれなんだけど、

茶々に比べて江の強烈さはすごかった。

大地の上に仁王立ちしてたわ。

まず、あの真っ赤な打掛と衣装が強烈で、
腹が黒すぎて外見が白くなってしまった正信と
まあ対照的でしたね。

血の気が多いってことかなあ?
あ、もしかして女出浦??

源次郎が「治部さま、刑部さま、源次郎は帰ってまいりました」って呟くところで軽く涙腺が決壊しました。

誰かがツイートしてて、私も同じことを思ったんですけど、治部と刑部のいないIFの世界に迷い込んでしまったようでしたね。赤い着物を華麗に着込んで、実直だった豊臣官僚時代と全く違う源次郎が、御文庫でふと自分に戻る。いいシーン。

そして真っ赤な打掛に強烈な個性の御台様(w)。おんな修造とか暑苦しいとか、楽しい言われようで和みました^^ でもこの江も後でさ・・泣ける;;

兄上カコイイ!

42回のTLまとめ出来。

今回は、兄上の殺陣+すごく素晴らしいオチ、
モリーチカ&オフロスキーという軽いお祭り回でした。

もちろん私もモリーチカにはニコニコと盛り上がってしまいましたが、
何と言っても信之兄上と作兵衛の殺陣がかっこよく、
見所でしたね!

以前のライダーvs透破と同じく、槍と太刀の殺陣なんですけど、
兄上の振り・返しが早い、カコイイ。

作兵衛がいかにも戦場仕込みといった感じに
槍を脅すように大きく振り回すのにも全く動じず、
突きにも払いにも横に逃げず、
体の動きだけでかわして最後には制圧するの、カコイイ。

いやとにかく強くてかっこいい兄上を見られて
大変満足していたところに、さらにあのオチ。

すみません、大笑いしてしまいましたが、
兄上の今後の対処を考えると笑うところじゃありませんでした。
いやでも笑ってしまうけど。

こんな面白い状況だけど、
物語の低温では滅びの気配が鳴り響いています・・

とはいえ、42回の最大のハイライトはここでしょう!

兄上の殺陣のかっこよさがまずすごかった。真田兄弟(父上もですが)の身体能力の高さはさりげなくずーっと表現されていたので、ついにそれが花開いたのよ…!しかし、そのあとの落差。

あんまり面白くって毎日このシーンを見直しちゃってました。

透破 vs ホンダムの殺陣とは違う槍対刀の殺陣。大河ドラマであっても殺陣は華ですよ。いやよかった。もっと見たかった。

mmさんからコメントもらいましたので、リンク追記です。
(mmさん、ありがとうございます)

「私も信之×作兵衛の殺陣について以前書きました。何か書かずにはおられない、迫力のある(でも笑いもある)シーンでした。」
コミカルな信之のシーンの演出の裏に ~42話「味方」~

「31話の出浦様との殺陣についても書いたんですが、これは物語の流れを追っただけで、分析までできなくて…。」
真田丸 31話 終焉(2)出浦×忠勝

「どちらも、殺陣の凄みを見せてくれたなと思いました。」

真田丸は殺陣の少ない大河でしたけど、この二つはほんととっても良かったですよね!

1.15の新年会ではベストアクション賞という項目も設けましたので、実は何が選ばれるか楽しみにしていますw

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメント

  1. mm より:

    アンチョビ様

    私も信之×作兵衛の殺陣について以前書きました。何か書かずにはおられない、迫力のある(でも笑いもある)シーンでした。
    → コミカルな信之のシーンの演出の裏に ~42話「味方」~
      http://ameblo.jp/mm-tora/entry-12223566565.html

    31話の出浦様との殺陣についても書いたんですが、これは物語の流れを追っただけで、分析までできなくて…。
    → 真田丸 31話 終焉(2)出浦×忠勝
      http://ameblo.jp/mm-tora/entry-12196771454.html

    どちらも、殺陣の凄みを見せてくれたなと思いました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA