鹿鳴館からの招待状。物流と諜報。祭りの後。1216.12.10〜12.12

facebook上にある、秘密(徹底した非公開)グループを運営してまして、そちらに思いついた雑文を投下しています。

ブログには、2〜3本ずつ、1000〜1300文字程度でまとめてます。

非常に適当に書いていますので、ブログ掲載時はリライトもしています。

スポンサーリンク
ad

12.10 伝説の鹿鳴館からの招待状

ゴリさんの記事2回目きてたよー。

※前回もご紹介した毎日新聞の丸島先生インタビュー記事です。

大河ドラマとは 歴史への向き合い方とは=時代考証・丸島和洋さんに聞く(下)

真田丸というか、大河ドラマはディティールの細かさも好きで、
全部は分からないんし、時々、あ、と思うこともあるけど、歴史劇の、画面に映るほとんど全てを作っていくっていう作業がすごいことだと思います。

ところで書状といえば、昨年の鹿鳴館からの招待状を思い出すのですが、あれには散々笑ったけど時代考証がちゃんと入ってたなら申し訳ない。

※花燃ゆ伝説の再婚回49回のエピでした。

12.11 物流と諜報

おはようございます。アンチョビです。

ブログの方で「影武者徳川家康」について書きました。

この本は、甲斐の六郎という天才忍者と、その嫁の父親が率いる「風魔忍軍」の忍者小説部分がメインなんですが、私はこの「風魔」という忍び集団については、「風魔の小次郎」の印象があったり、苗字に魔なんて使っちゃって厨二っぽすぎる気もして、創作だと思ってたんですよ。

なので、小田原城の展示で「風間」という諜報や物流を担当した家臣が実在するような資料が展示されていたのは衝撃だったなあ・・史実かどうかは不明ですが、それなりの元ネタがあったのですね。

深く考えると、来館者に対するサービスのような気もしないではないので、今後ちょこちょこ気が向いたときに調べていきたいと思います。

しかし、後世忍者とされる家というのは物流担当者であることが多いなあ。

…とサローネに書いたところ、現代でも下手な外交官より商社マンのほうが情報持ってるよね、というコメントをいただきました。

そうでした💦 楠木正成もそうだったと言われていますし、真田家でいうと、日本海と東海道をつなぐ街道を抑えていた真田は、情報も抑えていたわけですね。

また物流を経済指数にした「バルチック海運指数」「上海コンテナ指数」などもありますね。

12.12 祭りの後

こんばわん。アンチョビです。

昨日は忘年会お疲れ様でした!
今回は色々趣向を凝らしまして、楽しんでいただけたようで何よりです^^瓜売り隊を無茶振りされた姉さんお二人、サポートしてくださった皆さん、ありがとうございました。

皆さんに問題協力していただいた真田丸クイズ、大変盛り上がりましたので、アップしておきます。
(12問もあるのでちょっと多いけども)
私だけですと、歴史に偏りがちになるところ、サローネで色々ヒントをもらったおかげで、楽しいクイズ大会にすることができましたよー! ありがとうありがとう。

また新年会も予定しています。
でも今は何も考えられない!!
まと丸が終わったら先行予約情報アップしますね。

ずんだ〜。

サローネのお誘い✨

はんすうサローネは、facebook上のグループ:会員制サークルです。非公開・招待制で運営しています。真田丸が好き、あるいは詳しくはないけど歴史が好きなライト層(過激派はいない)がゆるい感じでやっとります。

イベントは先行予約できるよ^^ 代わりにスタッフを頼まれることもあるけど^^

サローネ参加の手順は、

①Facebookに会員登録する。すでに登録済みの人は②へ。
はんすうaid大河ドラマ館のメッセージで、参加希望を連絡する。
③アンチョビと友達登録する。
④サローネに参加承認される。

となります。

サローネ参加には「友達登録」が必要ですので、一時的に「あなたを友達に誘える人」の設定を、「全員」にしておいてください。

ご参加お待ちしております✨

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA