〈真田丸総評〉寄稿その7「茶々。呪いがチラ見えする〈運命〉という描き方」

真田丸総評をまたまた頂きました。締め切りはある程度の設定は必要ですが、個人のブログですし、臨機応変が当たり前ですよ、ええ。茶々だし。

ゆう太朗さん、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ad

茶々の造形
~呪いがチラ見えする〈運命〉という描き方

深く考えない軽い娘、茶々

戦国時代劇で、茶々は描かれ方がはっきり分かれる女性だ。

ある時は親の仇(かたき)に手込めにされたあげく滅びる悲劇の女性に。逆に映画などでは豊臣への復讐に燃える妖艶な女に。『江』では秀吉に一応惚れた上で側室になったが、結局…と悲劇の亜流の描き方もあった。真田丸ではそのどれでもなく〈運命〉に巻き込まれた、茶々本人はいたって軽い娘という設定が、実に斬新だった。

詳述の前に一点。筆者は織田の旧領在住で、茶々とその母・市さんには「ウチから嫁がせた娘とその孫娘」という、実家の婆ちゃんのような視点を持っての意見という点、ご容赦ください。

織田と浅井の呪い、発動

真田丸に登場した晩年の秀吉は、残忍で執念深く、こちらも秀逸だった。茶々はこの時期に側室となる。茶々の造形の分かれ目となる「なぜ親の仇の女に?」の理由が、ここでは「天下人となった秀吉の執着からは、どのみち逃れられない」「ならばいっそ開き直って…」だった。これ、実は一番真相に近いのではないかと、小日向秀吉の酷薄な笑みに戦慄しながら納得してしまった。

この時の茶々には、後ろ盾がない。実家の浅井は秀吉に滅ぼされ、母の実家である織田も力を失っていた。力の強い大名の所有物になるのは戦国女性の宿命だが、問題は茶々の処遇だ。

茶々は、秀吉の元主君・織田の血を引く姫である(信長の姪)。
この時秀吉は信長を超える官位を得たとはいえ、元は農民出身。その女房・寧は下級武士の娘。茶々を迎えるならば、せめて正室に置くべきで、それが当時の習いだ。
秀吉がそれをしなかったのは、寧を正室から下ろすようなことをすれば、彼女に可愛がられた清正ら子飼い武将たちの反発は必須だし、茶々を迎える計画自体が頓挫することを避けたのだと思う。

茶々の輿入れの日、座敷の上座には元農民の男とその女房。二人に向かって下座から深々と礼をする、元主家の姫君。

下級武士出身の正室が泰然と告げる。

「これからは共に豊臣のために力を尽くしましょうぞ」

正室・寧は意識して、含みを持たせるように言っていた。その言葉にハッと目を見開く茶々。
(自分は「日の本一幸せな女にしてやる」と言われて側室になってやったんだ。豊臣に尽くすなど、そんなつもりはない…)

外では暗雲立ちこめ雨が降り、雷鳴が座敷にも轟いていた。

茶々が「私の愛した人」という、浅井の父母や北の庄の義父の涙雨か…。かつての部下秀吉に、家名に泥を塗られた織田家の怒りか…。

この時、呪いが発動した。

奇しくも座敷の外では三成が、「殿下はこの先どこへ向かわれるのか…」と、信繁の前で初めて不安を漏らしている。

軽く明るく、悪意もないデストロイヤー

側室になってからというもの、茶々の言う事やる事、ことごとくが豊臣崩壊に斧を振り下ろす結果となる。しかもツイ上で多くの方が指摘していたように、茶々自身にはそんな意識はまったく無いところが恐ろしかった。

・子が出来なかった秀吉に、嫡子をもたらす(2度とも男子)→秀次が疎んじられ、一家滅亡 →子飼いたちの心が離れる

・醍醐の花見で「秀頼が花咲か爺を見たがってる」と所望 →秀吉木から落下 →以後寝たきり状態

・茶々「利休の像が欲しい」→めぐりめぐって利休切腹

・大阪冬の陣後の和議。この時は妹の初(血筋はまったく同じ)が使者 →徳川方完全勝利 →大阪城丸裸 →もうすぐ陥落

本人にその意識は無いのに次々事を暗転させていく。それも〈悲劇〉と呼ぶのかもしれないが、どうにもそぐわないのだ。

何せ茶々自身が、あっけらかんとしすぎていた。周りの人々が事態にどれほど深刻になっても、彼女だけは我関せずだった。茶々の意識は常に現世にはなく、心はとっくにあの世にあるかのようだった。

その心の深層では、豊臣の崩壊を願っている…たとえ秀頼は可愛いかろうと…茶々の人生の経歴で、それは当然でもあった。

むしろ茶々の深層をも超えて、大きな歴史のうねりに抗わずに、身を任せているようでもあった。

チラ見えする呪い~分かる人が分かればいい

たとえば死期近い秀吉の夢に現れた万福丸。あれが秀吉に串刺しにされた浅井家嫡男だと、分かった人は少ないだろう。

また徳川から砲弾が撃ち込まれた大阪城。追悼の鐘?が響くなかを死んだ侍女たちの元へ近寄る茶々。きりが止めるのもきかない。微笑みさえ浮かべていたのは、タナトス~死への憧憬に焦がれてのことだと、感じた人も少ないだろう。

この三谷大河に要所要所に散りばめられた、豊臣への呪い。説明も何もなく「感じる人だけ感じてもらえばいいよ」「いや、呪いなんて非科学的な要素、入れてないよ」と、見た人が自由に感じられるよう作ってあった。SNSで討論する価値も上がる。巧妙すぎて五体投地するしかない。

わずかに残念なのは、この複雑で奥行きのある人物像は、本放送を一度見ただけでは理解できないことだ。日本史通の知人(SNSはやらない)は今作の茶々のキャラを、「今ひとつパッとしないねえ」と言っていた。これまでの茶々のキャラが極端だったためもあるが。
大阪城の最期の時、呪いが成就した事を暗示する、何かが欲しかったとも思う。贅沢な希望かもしれないが。

ひとつ読みとれるとしたら、茶々の静かな表情だ。自分の使命を果たしたかのような、むしろ安堵した表情だった。豊臣家に幕を下ろすのが自らの役目になっていたことを、彼女はもう知っていたのかもしれない。

・・・・・・・

特に茶々にフューチャーした総評でした。

茶々(と秀吉)の描写が非常に現代的で、SNSでの分析にマッチしていたという分析が鋭い。

呪いと祝福というワードは、主演の堺雅人さんが初出だと思いますが、その分析をもっともうまく言語化したのはツイッター民でしね。多分、論理性に訴える話じゃないから、断片で語られるのが良かったのだと思う。

それは茶々と秀吉の分析・解釈において極まった。この時期のTLまとめがいちばん楽しかったというか、内容がすごかったと思います。

(秀吉の闇の犠牲者として、具体的に虎之助と佐吉という子飼いの存在も際立っており)

私は茶々は最後の最後に救われたと思うけれど、呪いの成就が描かれなかったという解釈も確かにアリですね。

ゆう太朗さん、ありがとうございました!

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad