〈FBリユース #39〉九度山箸休め回は嫁が楽しい。

「はんすうaid大河ドラマ館」という当ブログのfacebook支店に投下している文章を転載しています。

facebookの方には、大河ドラマの視聴直後と、TLまとめを作った後、それからニュースの感想などを軽く載せていますので、よかったら「いいね」&フォローしていただけると嬉しい。

10〜12月はオフ会や忘年会などのリアルイベントに注力していたせいで、ブログ更新が滞り、このシリーズがいまだ39回なのは、申し訳ないですが💦

でも、この箸休め回を思い出すと泣ける。大坂編の後半は緊張続きでしたからね。

スポンサーリンク
ad

九度山箸休め

39回「歳月」視聴終わり。

大坂編に入ってからはずーっと緊張が続いていましたが、
久々の箸休めとなりました。

12回の「人質」以来じゃないですか?

妻は3人も子供を作っても未だに嫉妬心をメラメラ起こし、
しかし相手の幼馴染はすでに菩薩の心境に達し、
過去に助けた女が元気に尋ねてくる、
いやー面白かったなあw

貧しい、しかし平和な暮らしの中、
家族のために商売で四苦八苦したり、
奥さんの嫉妬心にあちゃーとなったり、
子供の教育に悩んだりする。

のですが、最後はうまく人誑しを発揮して
村の衆相手に権利商売を成功させる。

昌幸と秀吉を見てきた信繁の人生の成果が
ちょっとだけ披露される・・

次回から最終章ということで、

きっとあっという間に、
この回の平和な暮らしを懐かしく思い出すような、
大坂城の日々になってしまうのだろうなあ。

もう慶長19年。
信繁の死去まで、あと1年。

楽しい九度山嫁騒動と、最後に源次郎を迎えに来た明石全澄の落差が、ドラマの塊のようでしたねー。

ミタニンの脚本は俳句的で、遠心力がすごくて、隙間がある。隙間は視聴者や客が埋めていくのだよね。

嫁がいっぱいで楽しい

39回のTLまとめ出来ました。

らんま1/2味の指摘が鋭い。

そうか、ハルちゃんは茜で、
たかちゃんはシャンプーか。

え、あれ、ちょっと待って。

き り ち ゃ ん は … ? ?

あと佐助とのフラグは今回のでもうなかったことにされたの??

と、久々の箸休め回を楽しみながら、
新たにぶっこまれた予告に震える回でした。

これはあれだ、今まで見たことのない
大坂の陣が来る予感だ。

TLでは、「らんま1/2味がある」と指摘されていた九度山の信繁嫁の騒動。

きりちゃんは、女らんま、つまりらんま自身であるという超鋭い指摘をその後見つけて、唸りましたねー。そうだった。集合知すごいわ。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA