ユーリ、そして井伊家についてツラツラと。2016.11.13〜11.19

salone_1

秘密のサローネに投下している日記的テキストのまとめです。

この時期は疲労が激しくて、ブログの更新もおやすみがちでしたが、サローネへの投下もサボってました💦 人間だからしゃーない。ムラがあるのはしゃーない💦

スポンサーリンク
ad

11.13 なし

11.14 御礼

こんばんみ、アンチョビです。
昨日は丸会4回目でした。

いつものご歓談の後、
タブレットとカラオケ用ディスプレイを接続して
オフロスキー数え歌をみんなで鑑賞ww

その後は直江状全文・現代語訳の
村上新悟PVを拝見ww
(多幸多幸で爆笑をこらえられなかった)

真田太平記やらだまこわ4連発やら
動画鑑賞しつつ大盛り上がりとなりました。

店員さんが真田丸は見ていないものの、
個人的に真田幸村を追いかけている人だったりして
面白かったなあw

参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

忘年会も楽しみになってきました。
準備頑張りますねー!

11.15 突然ユーリ on ice

こんばんワンコ。アンチョビです。

遅ればせながら少しずつユーリonIceを見ています。
フィギュアスケートでドラえもん型の物語とは楽しい。

ドラえもん型物語とは何かというと、
私の適当な物語分析のうちの一つです。

日本産の物語は、

1. ドラえもん型
2. 時間・空間推移型
3. 栄光→挫折→復活型

の3種類に集約されるのではないかと
心の中で勝手に分類しています。

この場合の、私的ドラえもんの定義は、
主人公が属する文化や社会の外側から
やってくる好意的な存在くらいのものと思ってください。

ドラえもん型の物語は、
未来から猫型ロボットが来たり、
宇宙人の嫁が来たり、
親切な外国人と出会ったりして、
幸運を手に入れるお話です(アンチョビ調べ)。

要するに「つる女房」などの人外結婚話の変形ですね。

大河ドラマでは、風林火山と篤姫が
ドラえもん型の物語だったなあと思っています。

篤姫は徳川家にとってドラえもんであり、

勘助は晴信にとってドラえもんであったのではないか、と。

(ユーリの話じゃなくなってる…)

11.16 なし

11.17 なし

11.18 なし

サボってますサボってます💦

11.19 井伊家の越し方

おはようございます。アンチョビです。
丸島先生オススメの「井伊氏サバイバル500年」購入しました。

小和田先生の本にもほぼ同じことが書かれていましたが、
井伊氏の起源がすごい。

井伊氏は、自称藤原北家(資料上は南家とも考えられる)、
一次資料に井伊家が現れるのが1156年保元の乱と、
非常に出自が古い一族です。

古代以来の在地領主という点では、
滋野氏の末流である真田さんちと同じ。

中世の地方豪族である国衆の起源が古代にさかのぼるほどに古い、
というのは一種の「ロマン」でして、

保元の乱で崇徳上皇側に、
南北朝時代は始め南朝、のちに北朝と、
数々の歴史イベントに参加してきた井伊氏の来し方を考えると、

よくぞ名を残してきたものよとしみじみ感動します。

滅亡寸前の井伊家の浮上のきっかけとなった直政。

直政にバトンを渡す直虎。

楽しみになってきた。

サローネのお誘い✨

はんすうサローネは、facebook上のグループ:会員制サークルです。非公開・招待制で運営しています。真田丸好き・大河好きのライト層の方で、交流を希望される方ならどなたでも参加可能です。一緒に交流しませんか?

サローネ参加の手順は、

①Facebookに会員登録する。すでに登録済みの人は②へ。
はんすうaid大河ドラマ館のメッセージで、参加希望を連絡する。
③アンチョビと友達登録する。
④サローネに参加承認される。

となります。

サローネ参加には「友達登録」が必要ですので、一時的に「あなたを友達に誘える人」の設定を、「全員」にしておいてください。

ご参加お待ちしております✨

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad