真田安房守被害者の会 List 14・出浦昌相 殿

甲州透破の棟梁、真田戦国ゴシックの「ロマン」部分を一身に担う男。

161122_1

画像転載元:nhk公式サイト

スポンサーリンク
ad

真田安房守に惚れた男

真田家が独立勢力として乗り出すに当たって家臣となったが、元は武田信玄に仕えた武将。

真田丸では信玄の諜報機関である透破を統括する腕ききで、昌幸とは小県の領主仲間であり、武田の家臣仲間でもあった。

主従関係を合理的に考えれば、利による結びつきというか、どちらにとっても非常に利己的な関係なのだけれど、真田丸では主従関係のそういう面は一切描かれなかった。

真田丸における主従関係は大雑把に言うとプロデュースされるもの・するものの関係だった。

出浦昌相は従側、つまりプロデュースする側の最右翼というか、最過激派と言っていいんじゃないだろうか。

主君のためなら命も惜しまないというパッションに溢れた人は数多くいたが、主君を長らえさせるためでなく、輝かせるために頑張っていたのはこの人だけである。

161122_3

画像転載元:nhk公式サイト

透破は裏切らない

本人は強面だがいたって真面目。信用を大切にし、面倒見もよく、人の気持ちもわかり、源次郎に泣きつかれれば昌幸を上手に諫める大人でもあるのだが、

武田信玄公の治めた土地を取り戻したいという昌幸の悲願にだけは敏感で、

上洛前夜の「わしが明智になってやっても良いぞ」」から上田出立時の「家康の寝首をかける」まで、一貫して昌幸の心情に寄り添ってきた。

その一方で、昌幸の嫡男・信幸に、乱世を望む父親の悪鬼の一面を理解させるのは、彼なりのリスクヘッジであったことだろう。

そのハイライトが小田原征伐時に信幸を捕まえて言った、「今、北条と組めば豊臣に勝てる」だったのだが、あの時昌相は昌幸を止めたかったのか、それとも望みを叶えてやりたかったのか。しかし昌幸の望みである豊臣との戦はあまりにもリスクが大きかった。

主君の身の安全・安心か、望みの成就か。自己矛盾に引き裂かれながら、暗闇からぬっと現れる姿は異様な凄みで、いやはや男が男に惚れるって大変なことですね。出浦さま、真面目ですからね…

信幸が父親を理解するとともに安全弁となり、昌幸は舞台を脇に退くことになる…のだが、次第に出浦昌相は、生きながら死んでいくような昌幸の状態に耐えられなくなっていく。

161122_2

画像転載元:nhk公式サイト

失意の晩年

世を戦国に戻すにはそろそろ最後の機会と踏んだ昌幸と、昌幸をもう一度輝かせたい昌相は、徳川家康の暗殺に踏み切るが、真田家の最重要保険である信幸によって見抜かれ、失敗するのは皮肉としか言いようがないだろう。

しかも出浦さまと大立ち回りを演じた本多忠勝との縁が信之(そして昌幸も)を生かすのだから「さだめ」である。

これにより作中最強の一人として腕っぷしを誇った出浦昌相は身体的な自由を失い、昌幸の九度山配流に従って惚れた男も失い、失意のまま十余年を生きることになる。

昌幸に惚れていたからこそひどい目に遭うことになった人物は彼だけである。

しかも最強透破から寝たきりとなった彼の長い晩年の苦しみを思うと軽々しいことも言えないので、あの世での二人の邂逅を願うのみである。合掌(まだ死んでない)。

〔スポンサーリンク〕

信之の本ですが、重臣出浦昌相がちょいちょい出てきて、何気に出浦充。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメント

  1. セシル より:

    こちらでははじめましてなセシルです。
    真田安房守被害者の会シリーズ、楽しく拝見しています。それぞれの登場人物が受けた父上からの被害の報告を通して見る、キャラクター分析が面白いです。

    「出浦さんは父上の被害者というより共犯者では?」と最初は思いましたが、なるほど……男惚れしたが故に。
    父上は出浦さんのオム・ファタル(運命の男)な主君なんですね……最終的にその主を失ってしまう、というのはたしかに悲劇だ。
    『次第に出浦昌相は、生きながら死んでいくような昌幸の状態に耐えられなくなっていく。』という一文を読んだ時、自己流アレンジの桃太郎を孫達に語り聞かせる父上の姿を陰から見ていた出浦さんを思い出しました。

    寺島さんが「今後信之に仕えることはちょっと考えられない」と三谷さんに言った、家康暗殺未遂事件はある意味で二人を引き離すためのエピソード(ソース:駿河台大学のサイトにある黒田先生の真田丸ワンポイント解説)、といった話を聞いた時、「この主従は第四の壁からの干渉がないと引き離せないんだなあ……」なんて思ったりしました。
    真田丸には魅力的な主従がたくさんいますが、プロデュースされる・するといった関係であるという記述に膝を打ちました。関係性はそれぞれ違えど、「うちの殿が私にとっては一番!」な真田丸の家臣達の姿が私は好きです。

    被害者の会のラストは秀忠殿でしょうか、それともまだ他にも? 今後も楽しみにしています。
    では、失礼いたします。

    追伸:真田丸忘年会ですが、観劇の予定があるため参加できないです……申し訳ありません。

    • アンチョビ より:

      >セシルさん

      私的には、真田丸の主従関係の、従の方の主への入れ上げ方が面白いです。
      むしろ従が主の方を動かしていくのだけど、主は、最終責任は自分がちゃんと取るのが当然だと思っている。

      主の、担がれる神輿としての行動も面白いなあとか、なかなか興味の尽きない描写をしてくれてます。

      三谷さんと周囲との人間関係と、
      あと現代の、会社での出世が関心ごとにあまりならない社会を反映している気がします。

      このシリーズの最後はセシルさんの予想通りですw

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA