〈FBリユース#37〉淡い色調の中に、ところどころ火が入るような。

fbreuse_1

当ブログのfacebook支店「はんすうaid大河ドラマ館」で、視聴直後の感想や、TLまとめ(まと丸)アップ後の印象雑感などを書いてます。その転載です。

37回は「信之」。タイトルで泣かすな、うわあああん。

スポンサーリンク
ad

もうやめて(涙)

37回の視聴終わり。
やめて、もうやめてー・・・

静かに、淡々と、戦後処理がされていく。それはもう粛々と。

おとなしく静かな男たちも印象的でしたが、
女たちの哀れさが光りましたね。

家族を元気付けようとする松さま。
(もうすっかり人妻のお美しさ)
憔悴仕切った薫ママの哀れさ。
黒歴史を思わず忘れてしまいそうな春ちゃんの可憐さ。

そしてうたさま。
夫の最後を見届け、夫の名誉を守ろうとする姿に
涙腺が決壊したよ・・
(彼女を世話する加藤清正にも)

あとかつてないほど頼りにされるきりちゃん。

と、ここまで来てもきりを雑に扱う 信 繁 な(チベスナ顔で。

当初は批判された女たちの現代的な書き方ですが、
物語が暗くなるに従って、
たくましさの表現に変化してきて、
見ている方が救われますね・・

そして男たちの中では、本日のmvpは本多忠勝なんですが、

徳川家康を見つめる信繁の目が
お前のやることを全部見ているからな、とでも言うように、

も の す ご く 冷 た く て 怖 か っ た

ので、うん、間違い無く、もうお前が主人公だわって
思いましたよ。

すごく鬱回で、見ていて辛かったですね。

男たちは戦に負けた責任を取る、家族が引き離されていく。淡々と、とにかくひたすら淡々と。事務的なやりとりの数々、日常を過ごしているようで、そうではない。お葬式がずっと続いているようでしたね。

淡い色彩の中で、ところどころ火が入ったみたいなシーンが入るのが、すごく印象的でした。

婿殿の家族の命乞いに文字通り命をかけてくれる舅殿、

昌幸に報復する家康、

それを冷たく見つめる信繁

父親から与えられた通字を捨てる信之・・

まと丸を作る頃には

しかし、数日後には復活。

37回のTLまとめ出来。

今回から、ツイート取得時間を、
20:50〜21:30→21:00〜21:30に短縮しています。

面白いツイートをみ逃してしまうのではないかと
少々不安もありましたが、
普通に大丈夫でした。
実況タグ民の底力よ。

(作業時間を大幅に減らしたことで、
火曜日にはアップできるのではと思いましたが、
残念、そこまではできなかったー)

自分的には関ヶ原はタイトルづけで
20万PVめざすぞーとか息巻いていたのですが、

そんなレベルの話じゃなかったですね。

ストーリーが重ければ見るのはファンだけ。
鬱回を振り返るのはつらい。

でも大坂編の最初の頃みたいな、
制作にブンブン振り回されて「ぎゃあああああ」って
なってる感じに似てきて、大変楽しいです。

真田丸はこうできゃ。

みなさんのたくさんの感想や分析を読むうちに、感情が整理されて冷静になるんですな。

どんなにしんどい回でも、必ず、面白く且つ深い分析をしてくれるツイートがあって救われるんですよね。

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad