2017大河 おんな城主直虎 予習。キャストが美しくて濃い…

naotora_1

さて、もうギリギリですが、2017年大河の予習です。

「おんな城主 直虎」は、現在の静岡県浜松市、昔の遠江の国、井伊谷を古くから領地とする国衆・井伊氏の物語です。

真田丸と同じ、これまで映像・文学作品であまり描かれてこなかっためんどくさい日ノ本固有クラス・国衆のドラマですね。

スポンサーリンク
ad

井伊氏

井伊氏は8〜10世紀にまで起源をさかのぼることのできる古い家系で、文献資料的には「保元物語」が初出というから、相当に古いです。

古代の豪族、あるいは奈良〜平安朝の律令制下での在庁官人(現地に土着した下級貴族ですね)、あるいはその両方の流れをくむ一族と思われます。

この辺りは真田丸の時代考証を担当された丸島先生もおすすめしていた、

こちらがおすすめ。

(というか、このエントリは全面的にこちらの本に依っています)

で、この人らが海道の雄・今川義元とごたごたし、織田信長の台頭によるバランスブレイクでさらにごたごたし、起死回生を賭けて松平元康、のちの徳川家康に仕えて徳川家の譜代大名になっていくわけですね。

おんな地頭

さてこのドラマのキモは、主人公であり、のちに井伊家の当主となる次郎法師が女性ということです。

女性が、地方豪族と言えども武家の家督を継ぐことができたのか。結論から言うと可能は可能でした。もちろん大名クラスはさすがに無理ですが、家臣クラスですと、大友宗麟の家臣・立花道雪が、城督の地位も含めて一人娘に相続させている例があります。

夫の死後、次の当主が決まるまでの当主代行としての例なら、織田信長の叔母・岩村城主 遠山景任未亡人や、赤松洞松院尼、今川寿桂尼ら、大名クラスでもありますし。

女性の財産権・相続権は、江戸期でだいぶ変わったんですね。

とはいえ全ての女性に時期当主としての相続が発生したのではなく、信頼に足る人柄であるとか、当主としてやっていけるだけの才覚とか、そういうのが見込まれる人にのみだったのではないでしょうか。

「次郎法師ハ女にこそあれ、井伊家惣領に生レ候」という記録の「女にこそあれ」という言葉の重さがね、そんなことを想像させるんですよね。

美しくも濃いキャスティング

主演の柴崎コウさんの野性味あふれる美貌のせいか、キャストの顔面偏差値の分布がちょっと面白いことになっている気がする。

とりあえず今回は美男美女を眺めてみる。

井伊直虎(柴咲コウさん)

画像転載元:nhk公式サイト

柴咲さんの直虎。私全然文句ないというか、こういう凛々しい女性なら女大河をどんどんやってほしいとすら思います。

というわけで、女大河が問題なのでなく、描かれる女性像に、凛々しさや知性、自律性、リーダーシップが(あまり)含まれなかったのが問題なのではないでしょうか。

などと始まる前から清らかな尼さん姿にうっとりして期待しすぎるのは危険ですが、しかし、女性主人公が一人子供みたいに感情的に振る舞う→周囲が感化されて上手くいくという、女大河に良くあるアホな描写は、森下さんならしないだろうと信じてる。

井伊直親(三浦春馬さん)

画像転載元:nhk公式サイト

実はこの役、東出くんでもよかったんじゃって思ったんですよね。井伊直親は資料を読む限り、なかなか複雑な人物ですが、最序盤では真面目な優等生イケメンの王子様っぽいじゃん? 東出くんには久坂玄瑞じゃなくてこっちだったろうと。

しかし三浦さんを見て、あ、東出くんの不器用そうな朴訥な感じがなくて高橋一生さんとの対比が美しい!! とキャスティングの妙に感動しました。

あとこの人は腹に何かしら黒いものを抱えてそうな、食えない感じもちょっとする。そこがいい。

小野政次(高橋一生さん)

画像転載元:nhk公式サイト

直虎を人に勧めるとき、相手が女性なら「高橋一生出るから高橋一生」と100回言ってます。私の直虎視聴の一番のモチベ。

直虎に想いを寄せながら裏切ったり敵対したりするヒロイン武将。

官兵衛ちゃんを見てた人には「黒田四天王の、もこみちじゃない方のイケメン」「井上九郎右衛門」と言えるんだけど、シン・ゴジラしか見てない場合は「巨災対の安田」「巨災対のメガネかけてるおたくっぽい役を演じてた役者さん」としか言えないのが辛いところ。

しの(貫地谷しおり)

※まだスチールが出てないので、出たら追加予定。

直親の妻で、井伊直政の生母は、今となっては中越典子と並ぶ「日ノ本の嫁女優」貫地谷しおりさん。

綺麗さと控えめな華やかさ、頭の良さそうな感じとか、育ちの良さそうな感じ、女子大出身ぽい繊細さとか、バランスよくいろいろ持ってる。

この人と三角関係とか、直虎も辛いわ。

…とこんな感じでもう少し続きます。

〔スポンサーリンク〕

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

このポスターの色味が大好き。直虎は映像も楽しみにしています。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA