〈2016.11.03〉西郷どん、ボーイズラブとか大河で聞きたくなかった。

サムネイル画像-04

2018年大河「西郷どん」の主演が鈴木亮平さんに決まり、「ま、まあ鈴木さんなら…」とすごく落ち着いているアンチョビです。こんにちは。

鈴木さんが大河主演クラスかというと微妙……でも大河の主演となってみると全然文句がない。むしろ頼もしい。実に不思議な役者さんです。

というか、真摯で突き詰めた仕事っぷりの鈴木さんなら、いろんな不安も吹き飛ばしてくれるとすがりたい思い……鈴木さん、よろしくお願いします💦

問題はむしろ内容に移ってきた感。

スポンサーリンク
ad

BLなんて聞きとうなかった

というのも、すでにあちこちで熱く話題になっていると思うけど、脚本家・中園ミホさんの「BLお楽しみに」発言にすごくイラっとしたせい。

「原作はいろんな愛にあふれている。師弟愛、家族愛、男女の愛、そしてボーイズラブ。いろんなラブストーリーが詰まっているので、1年間、日本のみなさんに、西郷どんに惚れてもらって元気になってもらいたい」

オリコンニュース 2016.11.02 鈴木亮平『西郷どん』“BL”要素に注目?より

さすがに統括Pは、

「街の中を男女が手を繋いで歩くことはないあの時代の男たちをひも解いていくなかに、尊敬など恋愛に近い心情もあったのではないか」

「リーダーとして人に愛される、人を愛することが得意だった人。その愛きょうと、国を変えようと覚悟した男の芯の強さのギャップがある」

「僕自身も撮影に向けて、スタッフ共演者に愛情を注いでいくと同時に大河を背負う覚悟をしていきたい。西郷隆盛と相撲を挑むような覚悟です」

オリコンニュース 2016.11.02 鈴木亮平『西郷どん』“BL”要素に注目?より

とちゃんと話をしていますが、それだったらBL要素入れます、お楽しみになんて言わなければよかったのにと思わずにはいられない。

おにぎり燃ゆの時の薄い本配布といい、BL要素は人気の出にくい幕末大河を女性固定ファンでしのぐための媚び?

話題作りのためのフカシ?

だとしても、悲しい話題作りだし、そもそも原作林真理子とか、篤姫との淡い恋とかいう不安を、BL要素がちょっと入りますお楽しみに♡ くらいでカバーできると思ってんのか!って言いたい。

いや普通に真摯に作って・・

真摯な歴史ドラマを作った結果、日曜夜8時放送ギリギリの男色や衆道描写が入る分には歓迎ですよ! 清盛の悪左府さまと家盛たんとか、非常に良かったですよ。

「篤姫」での小松帯刀と坂本龍馬とか、「八重の桜」のあんつぁまと庄之介さんとか、正直うふふって気持ちはありましたよ。でもおまけですから。そんなものは。

というわけで、BLとかそんな話題作りいらんから真摯に面白い歴史ドラマを作って欲しいです。

= = = = = = = = = = = = ⬇︎ここから

鈴木亮平さんが主演ということで、2018年の「西郷どん」を楽しみに待つことにします。

しかし最近は幕末大河にBL要素を絡めてくるのがnhkさんの方針なのでしょうか。

話題作りなのでしょうが、お楽しみにと言われてもちょろっとですし、わざわざ女性ファンを「釣る」ようなことをしなくてもいいのではと思ってしまいました。

正直、ボーイズラブなんて大河ドラマのニュースで聞きたくなかったです。そこまで視聴者に媚びなくても・・面白いものを作ってくだされば見ます。それだけです。

= = = = = = = = = = = =⬆︎ここまで

以上、例によって、矢印で挟まれた上記に文章に限り、コピペ・適当な改変OKです。

いやもうほんと、面白い血湧き肉躍る大河を作ってくれれば、それで・・!

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad