真田丸おすすめエントリーまとめ① 昌幸、昌相。

lookback-12

このへんで、私のおすすめ?エントリーをまとめておきます。

スポンサーリンク
ad

草刈昌幸問題

スクリーンショット 2016-06-09 23.06.27のコピー

画像転載元:nhk公式サイト

草刈正雄さん演じる真田昌幸は、信濃編の実質的な主人公。

序盤は、かっこよく明るく色気のある極悪天然ボケの田舎の親父さんという、昌幸の人物造形の斬新さに衝撃を受けて、楽しく考察してました。

「迷走」真田昌幸という、知的でタフ、愛情深くてサレオツな父親という新しい理想の男性像が、多分日本を変える。

「裁定」おじさんたちが時代に取り残された自分に気がつくとき。

「終焉」真田家の家族関係の終焉。きりちゃんの上位互換としての真田昌幸。

あとはこちらをどうぞ。

真田安房守被害者の会〈前半〉 List 01〜07

モンペ透破問題

スクリーンショット 2016-06-08 22.30.51のコピー

画像転載元:nhk公式サイト

真田丸の中の戦国浪漫成分というか、講談・立川文庫成分を担当する、透破の棟梁・出浦昌相どの。

かっこいい忍者のおじさんが、真田昌幸に対する「うちの殿はいつも輝いているべき」という愛情を隠さなくなってくるのが23回以降です。

「攻略」善悪の彼岸に魂を置く、出浦昌相という男。

…あんまり出浦さまについて書いてなくてがっくりですが、28回での昌幸の浮気にイラっとしたり、29回で真っ向正面から告白したり、30回で徳川家康暗殺未遂したりと、メラメラと燃える愛で急に人間的になっていく出浦さまの描写は、乱世の先触れでありました。

真田丸世界では忍者は芸人枠だし、昌相もよくよく考えるとギャグなんだけど、演じる寺島さんの男の色気に圧倒されて全然そうは見えない…などなど、この人についてはもう少しいろいろ書きたい。

〔スポンサーリンク〕

史実の出浦昌相も出てるお!

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA