「味方」回収が必ずある安心。しかし、信繁の四人の妻問題はどうなるのか。

以前、真田丸は謎解きの物語だ、というエントリを書きました。

真田幸村とは何者で、どのようにして大坂夏の陣で戦死するまでに至ったのかを解いていく物語だと。

関連記事 「不信」長い長い謎解き。真田とは何者か。なぜ豊臣に与して戦ったのか。

161029_01

画像転載元:nhk公式サイト

スポンサーリンク
ad

謎解き

ついに彼が「真田幸村」となった。ここに至るまでたくさんの謎解きがされてきた。謎解きというか、伏線の回収でもいいけれど。

どのようにして豊臣秀次は死に追い込まれるのか。
(→叔父との関係や期待される重圧に耐えられず、心をすり減らして自滅してしまう)

戦が嫌いな石田治部が徳川家康と対立して戦を起こすのは何故か。
(→秀吉の遺言と、自らのコミュニケーション下手と、主家没落の運命に逆らう為に)

何をもって、真田昌幸は西軍につき、真田信之は東軍につくのか。
(→選択の余地はなかった。真田家を確実に残すためにあの時点では最良の選択をした)

私的に見たかったところは、やはり歴史事件の敬意をどう描くのかということだったけど、細かい回収はそれこそ無数にあった。

時には、あれが伏線だったのか!と回収の時に気がつくものもある。

真田丸は、ドラマ中で起こった出来事と登場人物の始末は、冷酷なまでにきちんとつける。伏線は必ず回収される。

だから毎回どんだけぶん回されても、安心して見ていられた…そのせいで、まさかきりちゃんがここまで引っ張られるとは思わなかったんですけどねww

由美子はすでに宣言している

161029_03

画像転載元:nhk公式サイト

いやどうなるのかなあ?とはずっと思っていましたよ。全然きりちゃんが信繁の側室になるフラグが立たないから。

急転直下何かが起こるのか、ギャグで回収されるのか、それともちゃんとした二人のラブシーンが用意されているのか。

と、思いつつももう最終章。菩薩&バディにはなったけど、妻になるフラグは相変わらず全く立たない。

でも有働アナが「信繁は生涯で4人の妻を持った」って宣言してるから、回収は必ずある。

気がつけば、きりちゃんと信繁の4人目の妻問題が、真田丸最大の謎になってきた感。幸村が何を成そうとしているかよりも、ずっとずっと気になってますよ。いやまさかこうなるとは。

ツイで見かけた、

・ここまで一緒にいたら後世の人は夫婦だと思ってくれますよねと言って終わる説

・真田丸はきりちゃんが信繁の死後まで見届けて語った物語説

がすごく鋭いなあと思って今更だけど感動している。

きりちゃんが信繁の死後、菩提をとむらう「女人往生」的なエンディングになるのかな。いや果たして。

そうだとしても、4人目の妻にどうオチがつくのかは全然わからないww

きりちゃんの枠にはまらないところがすごく好きなので、ここまできたら最後まで引っ張り切って欲しい。

〔スポンサーリンク〕

放送終わるまで読まない。積ん読に紛れ込ませてる。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA