真田丸の個人的感想エントリまとめ〈大阪立身出世編〉14回〜24回

zakkan_01

自分用語で、ざっくり感想→ざく感と呼んでいる個人的感想のエントリです。レビューで語るには長いこと、レビューでは漏れてしまうことを書いています。

大坂編スタートの14回から、後北条氏滅亡の24回までのざく感エントリをまとめました。

スポンサーリンク
ad

ざく感まとめ

第十四回

「大坂」騙すおじさん。石川数正 謎の出奔事件。

「大坂」騙されるおじさん。素直さは神様の贈り物です。

第十五回

「秀吉」上杉景勝が膝を屈する時。

第十六回

「表裏」狂気の卵・大阪城。素朴さと、それ故に死に近い人々。

「表裏」戦略眼がないという信繁の弱点と、三成の教育と。

第十七回

「再会」内野聖陽さん演じる徳川家康の造形の巧み。腹黒と優しさを繋ぐビビリ。

「再会」昌幸パッパの次の大きな絵。

第十八回

「上洛」いつの間にか、妖精枠という独自のポジションを切り開いていたフロンティア女子・きりちゃん。

第十九回

「恋路」濃密で構造的な三角関係。自らの死と結婚した秀吉。

「恋路」茶々とエウリュディケー。青髭について補足。

第二十回

なし

第二十一回

「戦端」関八州をその手に収めるもの。

第二十二回

「裁定」おじさんたちが時代に取り残された自分に気がつくとき。

第二十三回

「攻略」善悪の彼岸に魂を置く、出浦昌相という男。

第二十四回

なし

書いたり書かなかったりですね💦

この頃は、電波占いもやっていて、なんかもうとりつかれたように書いてたなー。

自分では、内野家康のことを書いた「再会」、茶々について書いた「恋路」、出浦さまのモンペ魂と真田父子の物語について書いた「攻略」のざく感が気に入っています。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA