2018年大河「西郷どん」本当にやるの…?〈疑心暗鬼編〉

tweets_sum-01

2018年大河ドラマが、ようやく発表されました。9月ですよ。もう直虎がクランクインしてますよ。これは遅い!

http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/252141.html

スポンサーリンク
ad

はぁ? 西郷どん…?

最初にいきなりガツンと悟ったんですけど、

自分に視聴理由を言い聞かせてみたり、

ポエムをつぶやきだすほどの衝撃を受けた。

気がつくと泣いてた。

やっぱり切れる

翌日になっても、呆然自失で、

心を落ち着かせようといろいろ分析。

再度ポエムをひねり出して落ち着こうと必死。

だんだんやっぱり切れてくる。

籾井会長の

維新のヒーローとして活躍した西郷隆盛は男性からも女性からも慕われていました。今回は当代きっての女性クリエイター2人が手掛けます。女性の視点で繊細かつダイナミックに西郷さんを描いてくれると思います

という発言には特にがっくりして、

女性の視点とか、もういらぬ。かといって男性の視点もいらぬ。

斬新なクリエイターの視点は見たい。

基本的に、nhkは「機を見るのに敏」な放送局と思っているのですが、

女性を取り込みたい→女性の視点で女性脚本で、

と言っては度々やらかす気がいたします。特に大河ドラマでは。

篤姫を再びと思うなら、下級武士を描く勤皇倒幕側からではなく、武家文化の最後の残り火・幕府大河にしないと…

とりあえず西郷どんの話は続きます。

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad