真田丸レビューまとめ〈信濃青春編〉1回〜13回

真田丸関連エントリを大量に書いているせいで、以前書いたエントリが探しづらいという指摘を友人より受けまして💦 まとめてみました。

review_matome-16

スポンサーリンク
ad

信濃青春編

第一回「船出」

〈1〉浅間山噴火だってコントネタ。世界よ、これが大河ドラマだ。

〈2〉史上最も気高い勝頼公に心がデトックスされた。

第二回「決断」

〈1〉featuring 武田家。亡き信玄公の亡霊、勝頼さま自刃、家康の前世は勘助。

〈2〉後の天下人も今はまだ小さな舟で。

第三回「策略」

〈1〉ホームドラマと陰謀とめくるめく徳川コントがいい仕事してるMIX。

〈2〉次男は恋ばな、長男はレーゾンデートルに危機感っていう兄弟間格差よ。

第四回「挑戦」

〈1〉真田父子、諏訪へ。パッパと家康の戦いが目に焼き付くよPONPOKO。

〈2〉パッパをしても楽じゃない、戦国武将のサバイバルライフ。

第五回「窮地」

〈1〉限りあるリソースでヘタレ当主を守るには? 脳筋の論理は「押し通る」 コント神君伊賀越え。

〈2〉麗しくも重厚な上杉主従登場。滝川一益の語る信長の天下。お家に帰れた家康。真田はこれからどうするのか。

第六回「迷走」

〈1〉おじさんたちの真っ黒い色気を堪能する。戦国シェイクスピア。

〈2〉織田、上杉、北条と渡り合う力を手に入れるぞー!パッパ昌幸、真の覚醒へ。

第七回「奪回」

〈1〉昌幸、期待通りの謀将っぷり。さあ、天正壬午の乱がはじまるよー!

〈2〉ばば様に爽快な佐々木幸隆の影を見る。パッパ、今度は上杉景勝様に毒。

第八回「調略」

〈1〉有能を絵に描いたような信尹叔父上の調略教室。真田の犠牲者がヒロイン枠の件。

〈2〉真田昌幸の知謀と悪辣。源次郎の子供時代の無理矢理の終わり。

第九回「駆引」

〈1〉信濃の国衆による寄合支配というアイデアにいい人ほど食いつくなあと思ったら、黙れ小童コンビだった件。

〈2〉裏切って、裏切って、裏切ったら、裏切られた。天正壬午の乱がおもしろすぎて。

第十回「妙手」

〈1〉真田昌幸に学ぶピンチへの対処 実践編。まずは流れに乗って、カードを強気で出してみよう…

〈2〉怒っている相手の懐にこそ飛び込め。大事なのは立ち向かう勇気じゃなくて利益の共有。

第十一回「祝言」

〈1〉ギャグで引っ張る前半。後半の悲劇が予想できるから変な笑いになっちゃうけど、笑うほかない。

〈2〉わざわざ愛すべき人物に仕立て上げてから無惨に殺す。三谷幸喜氏が視聴者にドSすぎて。

第十二回「人質」

〈1〉狸から離れて越後へ。景勝さまの清らかさに荒んだ心が癒やされる。しかし、これもまた滅びの道。

〈2〉上杉家中の内部事情。でもうちの御館様は日本一だから!っていう愛の人の心の声。

第十三回「決戦」

〈1〉帰還する信繁。拘束される信尹。梅ちゃんとのすれ違い…第一次上田合戦の準備運動中!

〈2〉第一次上田合戦全部!真田の圧勝と、皮肉で悲しい青春編の最後のコントラスト。

いやはや、随分書きましたねー。

真田丸を見返すときのお供にしていただけたら幸いです♩

〔スポンサーリンク〕

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]

第壱集は1回〜12回まで。
今見ると、真田兄弟が若い。家康が細い。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA