「終焉」真田家の家族関係の終焉。きりちゃんの上位互換としての真田昌幸。

信幸と信繁はすでに一人前の男で、家族・同族として接点を持ちつつも、今はもうそれぞれの世界でそれぞれの物語を生きている。

そこに絡んで場を引っかき回しに入る、もう一人の主役にして父親という、不条理なトリックスター。

スクリーンショット 2016-08-12 00.02.23のコピー

画像転載元:nhk公式サイト

スポンサーリンク
ad

もしも、真田兄弟だけだったら

真田信幸・信繁の兄・弟は、秀吉のもっとも恐れる徳川家康を取り込むことが豊臣の生き残る道だという見通しを共有した。

だからこそ、信繁は石田治部に「よろしく頼む。支えてほしい」と頭を下げられてもその場で快く返事ができず、どうしたものかと困惑します。

この兄弟は野心家ではなく、頭が良くて、さらに気さくで人当たりの良い誠実な若者だから人に好かれて頼りにされる。北条の滅亡や秀次事件を通じて、豊臣にも徳川にも、それぞれが話を通すことができる回路を積み上げてきています。

あくまでこのドラマの話ですけど、もし真田兄弟だけだったら歴史は変わったかもしれない。徳川の婿である兄と、豊臣政権の中枢に使える弟が、二者の仲を取り持つこともできたかもしれない。

しかし、それを邪魔をするのが事もあろうに兄弟の父親っていう、やり切れなさ同時にやってくるおかしさ。

お前がそうなったか

以前、秀吉(と三成と家康公)に精神的にボコボコにされた昌幸公は、これから奮起していくに違いない!みたいなエントリを書いたのですが、

「再会」昌幸パッパの次の大きな絵。

ところがパッパがちっとも奮起したり、改心したりしなくてですね w w

改心どころか、徳川にも豊臣にも心理的な距離を起き、嫌な思いをすればすぐ腐れ、乱世のどさくさに紛れて武田家の旧領を得たいという野望に(いつまでも)捕らわれている。

作劇的にはどこまでもパッパのオールドタイプ堅持。これはいったいなんだろう? とちょっと不思議に思ってたんですよ。

しかし「終焉」で理解したんですけど、昌幸は優秀な息子たちのおかげで、うまく収まっていきそうな物語を敢えて引っ掻き回して面白くする役に変化したのですね。それを担保するために、彼は老害のオールドタイプであり続ける必要がある。

つまり、昌幸のきりちゃん化

主人公たちが本格的に乱世に巻き込まれていく時、きりちゃんが場を引っ掻き回すことはもうできない。そこできりちゃんの上位互換として昌幸パッパを再配置っていうのはすごい発想ですわ。

(凡百には書けない脚本だわ…)

昌幸はもともと愛情と悪を併せ持った混沌の人でしたが、ここでもう一度、はっきり物語を回すエンジンになりました。

血によって絶対に避けることのできない父親という立場の男が、致命的なところを狙って引っ掻き回してくる。これはすごい破壊力。

スクリーンショット 2016-08-12 00.01.14のコピー

画像転載元:nhk公式サイト

現時点ではパッパでも徳川・豊臣を引っ掻き回すのには力が足りず、真田丸最強クラブのメンバーであるこの御方がご出陣になります。

出浦昌相は真田昌幸の懐刀として、腕力の部分の機能を受け持つ。

それが呼び水になり、最強がもう一人呼び出されてきて、物語が一層てんやわんやする。

出浦昌相の負傷によって、真田家の家族関係も変化する。

父親が本気で乱世を呼び込もうとし、誤りによって家臣を傷つけたことを息子たちがどうとらえるのか。すごく面白いし、楽しみです。

「終焉」というタイトルは豊臣秀吉の死であり、豊臣政権の終焉の始まりであり、昌幸、信幸、信繁の家族関係の終焉なのでした。

真田丸のタイトルが大事なところでビシッと決まるのは毎度のことなんだけど、すごいなあ。しみじみ。

〔スポンサーリンク〕

【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第弐集(「真田丸」扇子 豊臣ver.付) [DVD]

amazonの予約特典得点は、

豊臣バージョンの扇子付き版もある(ちょっとお値段高め)ので、ご注意です。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA