直江兼続についてのあれこれ、公式の豪腕、真田家の魅力♡ 最近のツイートまとめ。

tweets_sum-01

上杉景勝被害者の会の唯一の会員・直江兼続 殿についてのRTなどなど(引用させていただいたnicoさん、咲喜さん、猫さん、ありがとう!)。

スポンサーリンク
ad

トップダウンじゃなくてボトムアップ、忠義じゃなくて愛

それな! 正直、愛を注がれる方も大変だと思いました。誰とは言わないが、該当者多数。

家臣大河の問題点に同意していただき、大変嬉しい。

脚本の小松女史の問題もありましたが、直江兼続をもってしても、大河の主役が厳しかった時、大河は王道を行かなくてはいけないのだと思いました。

風林火山くらい主人公の身分が低かったりすると、話はまた別になると思いますが。

三谷さんは、上杉主従のことはかなり好きだし、腕によりをかけて描いてると思います。あと歴代大河をよく見ていらっしゃるよね。

踊らされる我々と兄上

なんとなく展開は予想してたんだけど、土日に幸せな寺島充を送ってしまったせいで、危機感が薄れてました。やられた😱

でも公式のこう言うコミュニケーションの取り方は嫌いじゃない。

そしてさりげなく表現される、兄上と真田家の素のスペックの高さ。

ここ数回、真田家と豊臣家の対比が続きましたが、真田家は身体能力が高くて頭も良い人が揃っているのに対し、豊臣家は早くに病死する人が多く、子供もあまり生まれなかったりと身体的に弱いのが、哀れでした。

真田家はただ戦争に強い、というだけでなく、個人的にな武勇にも優れていたり、長寿だったり、多くの子供に恵まれたりと、ベースの頑健さにも昔の人は魅力を感じたのではないでしょうか。

そんな真田家も幸隆様の代で所領を失ったりしてますけど。でもそこから盛り返すっていうのがまたすごい。

心身の健康の大切さを改めて知らしめる大河です。。。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA