真田安房守被害者の会 List 06・徳川家康 殿

明晰な頭脳、判断力。必要があれば毒をも飲み下す胆力。行動力。豊かな想像力、慎重さ。

真田昌幸に対抗できる数少ない人物、つまり同類の狸である。

実は大名である家康公の目の中に真田は入っていない。

しかしそのために却って戦術面では何かとしてやられ、真田安房守被害者の会に名を連ねてしまうことに・・

スクリーンショット 2016-07-23 08.41.57のコピー

画像転載元:nhk公式サイト

スポンサーリンク
ad

とばっちり

もともとは三河の国人領主。

幼い頃からの人質生活で苦労に苦労を重ね、成人後は主家であった今川氏の影響下から脱しつつ、三河を平定。信長の同盟者として立つ。

同盟者(というか上司)の織田信長が横死した本能寺の変の後は、武田家の遺領のうち、甲斐・信濃を独力で手に入れるのだが、かつて信玄公の本拠地であった躑躅ヶ崎館に滞在してのほほんとしていたら、北条氏直率いる55000もの兵に攻め入られる羽目に。

主に、信濃から大名勢力を追い出したい真田昌幸の謀略のせいなのだが、ここまで見事な「とばっちり」もすごかった。

しかし、北条の突然の甲斐攻めが真田昌幸のせいと気がついていたのにもかかわらず、生き残るために(北条の甲斐侵攻の要因となった)真田を調略するというのは、狸・家康の真骨頂に間違いない。

とはいえ、三方ヶ原以来の悪縁・真田昌幸のことは面白くは思っていなかったようで、北条との講和のために、真田の領地である沼田を勝手に割譲したのは、嫌がらせだろう。

その後、北条との和睦により、甲斐・信濃・駿河・遠江・三河の5カ国を領有する大大名に化けるのだが、しかし、徳川の適当な沼田割譲のために、北条・徳川・真田(とYAZAWA)は揉めに揉め、家康は沼田の代わりにと自分の金で上田城を立てることになってしまう。

もちろんそんなものは昌幸にとって方便でしかなく、実は上田城は、対上杉防衛のため城と言いながら、徳川の信濃侵攻を防衛するための城、つまり敵に塩を送るどころか、城を作ってやってしまったのであった。

しかも徳川家康は、第一次上田合戦で、7000 vs 2000自軍の三分の一以下の寡兵の真田にフルボッコにされ、「真田昌幸=今楠公」という伝説を作られてしまう。

こうして家康は自ら「真田という戦国ブランド」を作ったあげく、自らの名声の分だけ、真田の名声を底上げしてしまうという負のスパイラルに陥っていくのだった。合掌。

スクリーンショット 2016-07-22 22.45.28のコピー

nhk公式サイト

ここぞというところでは真田にしてやられるんだけど、しかし、大きく全体としては勝っているのは徳川家康の方。

第一次上田合戦では敗北を喫しますが、昌幸から信尹という片翼を取り上げます。優秀な外交官であり、補佐官である弟を自由に使えない昌幸は、世の流れから次第に取り残されていくという手痛い間違いを犯し、やがて戦に負けたわけでもないのに、与力大名として家康に仕えなければならなくなります。

まあその直前に徳川家譜代の重臣である石川数正が調略されたり、与力になったはずがあっさり外されたりしていますが、家康公と昌幸公は、ドラマ内で勝手に勝ったり負けたりを繰り返す似た者同士として描かれます。

仲良くケンカしなの領域ですね。

大河の歴史を変えた、ビビリでキュートな家康公

戦国の三英傑の最後の一人、天下餅を美味しくいただいた狸として扱われがちな家康公を、真田丸では、「頭はキレッキレな狸だが、ビビリでキュートなおじさん」と解釈し直しました。

その目論見が早々に提示された第5回「窮地」。神君伊賀越は、伝説です。

スクリーンショット 2016-07-23 11.33.06のコピー

nhk公式サイト

単なる狸ではなく、人の心の繊細さを理解し、常識的で、情け深く、人のために骨を折ることのできる家康は、豊臣政権の崩壊後、強く人望を集めていく(のだろう)。

その萌芽は割と最初から感じさせていましたが、なぜかその前にことごとく立ちはだかる真田家なのでした。

〔スポンサーリンク〕

伝説の伊賀越えは視聴必須。

第一次上田合戦は第弐集に収録です。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメント

  1. 軒しのぶ より:

    ほんとうにもう、どうしてなのでしょうね、この真田と徳川、いや今のところ昌幸と家康の腐れ縁は。「自らの名声の分だけ、真田の名声を底上げしてしまうという負のスパイラル」に爆笑してしまいました。素晴らしい。そして、ごめん、家康君。
    もう一つ被害を付け加えると、ドラマでははっきり描かれませんでしたが、第二十二回「裁定」で真田が沼田領の三分の二を北条に明け渡す際、その一万八千石分の替地を真田に提供させられたのは家康でした。つまり真田の総石高はプラマイゼロなのです。まあ、沼田領問題はつまり家康の嫌がらせがこじれまくったせいなので、ここは自業自得かも知れません。
    今後、昌幸、家康から信繁、秀忠という親子二代に及ぶであろうこの腐れ縁の成り行きが注目されます。信尹もさることながら、嫁をやるというウルトラCで跡取りの信幸を取りこもうとしている家康。しかし信幸を取り込んだことで真田家は生き残ってしまい、お家を残すことを気にかけなくてもよくなった信繁が、好き放題に暴れまくることになるのですね。

    • アンチョビ より:

      >軒しのぶさま

      信繁の大暴れでさらに真田の血統がブランド化して、400年後もこの通り。
      家康公もさぞや苦笑いされていることと思いますw
      後半の父子関係、子と子関係が楽しみですね。特に秀忠。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA