書評のお仕事始めました→シミルボン。

real-10

電子書籍の取継などを行っている株式会社ブックリスタさん運営の書評サイト「シミルボン(染みる本?)」に参加させてもらうことに。

ブキッシュな人がターゲットのサイトです。

スポンサーリンク
ad

プロの真田ファンも。

すでに「プロの真田ファン」みかめ ゆきよしさんが真田関係の諸々を寄稿されていたため、むしろ読者としてハート投げてました。

じゃなくて、書評は、ブログとはまた違う切り口で歴史の楽しみを書きたいな、と思って、

こんな感じのものをとりあえずアップ。

梟の城よりデイルマークの方がポチされる意外さに驚きつつ、しばらく試行錯誤していると思いますので、どうぞよろしくお願いします。

デイルマーク王国史も、梟の城も、売り方をもっと工夫すれば今でももっと売れるんじゃないかと思うのですよね。デイルマークなんて、主な舞台は産業革命の勃興期ですから、スチームパンク+欧州中世、不死なる者(長老格は信仰対象)とか大変な美味しさです。

ていうか、みんなも書評を書いてもいいのよ? 面白い本は広く紹介すべきよ?

シミルボンはベータ版との事ですが、誰でも登録できるとのこと。

毎年面白い大河が見たい活動

あちこちで何度も書いていますが、私の最終目標は「毎年面白い大河を放送してもらうこと」です。毎年大河で楽しめればいい、と言い換えてもいいんですけど、せっかくなので理想は高く掲げておきます。ええ、毎年良品が放送されるのが望ましいです😝

そのために私ができそうな事は、作品理解のサポートであったり、コミュニティづくりであったりかな、と思ってるんですけど、今回はそれが意外にもお仕事につながりましたので、自分のできることがもう一つ増えたかもしれない。

経済を回すお手伝いはできそうな感じがするなーということで、またいろいろ考えていきたいと思います。

〔スポンサーリンク〕

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad