真田丸の歩き方〈其の二〉真田丸って大河らしくないって言うじゃない?

walk-05

大河初心者・真田丸初心者のためのエントリ、其の二です。

一年の半分がすぎ、真田丸も物語の後半に入りましたが、大丈夫、まだまだ面白いし、むしろこれからが本番ですよ。ぜひ見よう!

スポンサーリンク
ad

真田丸は大河らしくないって言う人がいるけど、なんで?

やはり長いこと続いているドラマシリーズですので、らしい(よくある)演技の型とか、演出のパターンというものがあります。

推測ですけど、そこから外れると「あれ、なんで?」とアレルギーを起こす人がいるんじゃないでしょうか。一部の人は「大河の型」が好きだったり、見慣れたものを見る安心感に寄り添っているのかな、と思います。

しかし「大河の型」を踏襲してるからといって必ずしも人気が出るとは限りません。むしろ実現されると「古臭い」と感じたりもする。

真田丸で特徴的なのはスピード感があることで、様々なエピソードをぶっ込みながらストーリーがガンガン進んでいくため、昔のゆったりとした大河に慣れた人が「軽い」「現代風」「大河らしくない」と批判するのは間違っているとは言えません。

でも大事なのは、より多くの人が、毎週楽しみに視聴できるかどうか。

「大河らしいかどうか」じゃないですよね。

史実無視って聞いたけど?

決して無視はしていません。むしろ、とてもよく考証されているドラマです。

史実と広く一般に信じられている定説であっても、研究が進んで否定されたり、新しい資料の発見などによってアップデートされたりするもの。

定説を信じる人にとっては史実無視と思われるようなエピソードや現代風の表現も、むしろ大河ドラマのベースとなった昭和30-40年代の常識や時代的な嗜好が取り払われた結果だったりします。

真田丸は最新の歴史学の学説を取り入れていて、そこが面白いんですよ!

なぜ主人公サイドがダークサイドなの?

小さな地方領主に生まれた人たちが、生き残るために必死に戦っているだけで、望んでダークサイドにいるわけではありません。

悲しいことに、力のないものは力のあるものにすがらなければ生きていけない時代で、殺されたり、滅びたり、生き残るために屈辱を受け入れたりするのは、決して珍しい事ではありませんでした。

当時の人が、力がないからってだけで殺されたり滅んだりするのは理不尽ではないか、と強く考えたからこそ、今の社会があるんですよね。

身近に録画してる人がいなくて、過去放送回が見れないんだよね。

nhkオンデマンド「特選見放題パック」オススメ。インターネット利用者に限りますが、月々972円で第1回から見放題です。「とりあえず1回から見たいけど、DVDを買うほどじゃない」という人にオススメです。

でも肌に合わないんだよね。

あーそういうこともありますよね! 残念です。好き嫌いだからしょうがないですよ。

あなたが面白いと思えるドラマと出会えることを祈ってます😔

〔スポンサーリンク〕

ブラタモリ (2) 東京駅 富士山 真田丸スペシャル(上田・沼田)

多分、視聴者が大分被ってると思うのですが、ブラタモリの真田丸スペシャルの回。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA