〈2016.6.5〉nhk用の感想。クランクアップまで油断しないぞー。

サムネイル画像-04

今週も送る。

視聴率は本放送+BSで毎回20%超に安定し、3月〜4月の頃の意味のわからない叩きも沈静化、各メディアがこの番組はアンチを喜ばすより、ファンに寄り添った方が美味しいと理解しただろう今こそ、油断してはならないのだ。

スポンサーリンク
ad

出演者やスタッフの話も楽しみ

毎回真田丸を楽しく視聴しています。

最近はスタジオパークに登場する出演者のお話も大変楽しみにしています。

役者さんの人物解釈は視聴者として聞くのがとても楽しみなところです。また時々インタビューが公式や他誌に掲載されるスタッフの方のお話も大変興味深いです。

ドラマ本編では、小田原征伐が近づきつつあって、北条家にスポットが当たり、第一部から素晴らしい怪演を披露してくれた高嶋政伸さんがだんだん人間くさい面を出してくれているのに感動します。

21回は、徳川家康との階段で、揺れ動く微妙な表情がすごくて、見応えがありました。

今後の展開を楽しみにしています。これからも頑張ってください。


例によってコピペ改変OKです。ぜひ一言でもお願いします〜。

〔スポンサーリンク〕

歴史街道 2016年 07 月号

歴史街道が治部&刑部でした。微妙にヤマコー&ラブリン風味でワロタ。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメント

  1. ネージュ より:

    いつも楽しく拝見しております。
    すみません、感想文中に誤字が一点ありましたのでご報告です。

    「高島」→「高嶋」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA