真田丸 第二十一回「戦端」レビュー〈1〉お捨の誕生とともに歴史が動き出す。北条と豊臣、徳川。茶々と寧。

sanadamaru_bnnr1

小田原征伐と、その後に続く溜め回でした。

今回は家康の器の大きさが非常にかっこ良かったなあ、というのが第一の感想、

そして家康がかっこよくなるのと反比例するように、パッパがコメディリリーフ化してきてるのがいいバランスだなあ、というのが次に印象に残った点です。

パパ上の田舎者っぷりというか、山師っぷりが第一部とはまた違う魅力に変わってきましたよね。うん、すごく可愛らしい方向でww

ではレビューですが、今回は登場人物が多いわ、カットも多いわ、なるべくサクサク行ってみます…

スポンサーリンク
ad

子守り評議

●秀吉は、一向に上洛しないというか、臣下としての秀吉への挨拶に応じない、北条氏政に手を焼いています。

氏政をよく知る家康にも同席させて、対応を練る秀吉と三成。

しかし、お捨の子守りをしながらなので、どうも評議がせっかちです。

三成は大大名である北条と戦になったら一大事、なんとかこれを避けたいと考えており、家康も北条を潰す、戦じゃという秀吉の言葉にわかりやすく動揺し、止めようとするのですが、

「お捨のためにも、戦のない世にしたいのじゃ!」

という秀吉の短気が優勢です。

「戦端」関八州をその手に収めるもの。
画像転載元;nhk公式サイト 秀吉に、北条氏政の人となりを聞かれた家康が、「関八州の覇者たる誇りと自信を一人で背負い込んだような男」と評するところが印象的...

●真田も、北条とは沼田問題で敵対していますので、源次郎はものすごく真剣に評議を聞いているんですけども、突然秀吉から赤ん坊を渡されるわ、あやしても泣きだすわでアタフタ。

落ち着かない会議はお捨が激しく泣き出したので切り上げられ、北条攻めの準備がなされることになります。

●三成は、秀吉がこんなにせっかちに北条攻めを決めるのは、利休に唆されているからだろうと予測するのですが、その三成の予測に対して、信繁は「おっしゃる通り、殿下は利休様に会っておられます」裏付け情報を提供します。

●大河ドラマでは、三成が秀吉のイエスマンで、利休は秀吉に割と耳の痛い忠告をして諌めていたというパターンが多いのですが、真田丸では両方ともイエスマンなんだけど利害対立するんですね。

利休は政商として、勝ち馬に乗った上で、大きな戦を起こさせようとする。

それが秀吉の思惑とこの時はぴったり合致する。しかしこの先は……

●あと、ここでびっくりしたのが信繁くんの治部&刑部への取り込まれ方。調教完了って言っていいレベルに見えて驚きました。

上杉に人質に出ていた時もそうでしたけど、彼は自分がいる場所にすごく適応するタイプなのですが、それにしてもこの過剰適応、これは西軍についても仕方ないね。

三十郎がいてくれたら、適度にストップかけてもうちょっと抑えてくれたような気がします。なんだか土地から切り離されて、フラフラしている感じ。大変危なっかしいです。

お捨を巡る女たち、男たち

●お捨が生まれて、生母である茶々、秀吉の正室の寧の関係も変わってきます。

赤ちゃんを囲んでの、「殿下に似たら二代続けてサル顔」「あなたはお姫様育ちで、何を苦労してるっていうの?」「何にもご存じないのですね(子供を産んだことのない女はこれだから)」などなどの二人の無神経な応酬に、同席していた阿茶はドン引きします。

いや怖いよ、これは。

●阿茶はこのやり取りを、寧と茶々の不和の兆として家康と正信に報告します。

狸たちは子供が生まれたことで豊臣家に不和が広がり、内紛につながることを期待します。

寧と茶々、そして近江中納言こと秀次公。

●しかし、秀次さんは、自分の政治的能力のなさをしっかり自覚しており、お捨が生まれたことにむしろホッとしていました。

きりちゃんを横に置いて「私は後継の器じゃない」「叔父上がいなければ儂はただの百姓の息子」「感謝しかない」と思いを吐露する秀次がいい人すぎて、どうか傷つかないで平和に生きていってほしい!と視聴者側が目頭を抑えるようになると危ない。

(そして「そうですか、良かったですね!」と言ってしまうきりちゃんがexcellent)

秀次さんはお捨に手ずから風車を作るのですが、自分が秀吉にあまり愛されていないことが身に染みていて、直接それを渡すことができません。切ない!マジで切ない!!

●秀次はきりちゃんにそれを託し、きりちゃんは信繁を呼んで手渡します。

そこで信繁は無意識の嫉妬なのか、それとも何の気もなかったけれど他に言うことがなかったのか、「秀次様と仲がいいんだな、側室にでも治れば大当たりじゃないか」なんて、余計なことを言ってします。

お前、今の秀次の政治的に微妙な立場を理解できず、迂闊にこんなことをお前ー!

信繁には一生政治脳が身につかなかったという表現? いやそれにしてもー!(驚愕)

しかし、きりちゃんは自ら、「私に気のある振りをしたり(え?いつ?)、かと思えば嫉妬?(え?え?) 私を振り回すのはいい加減にしてください!」「どうしてもっと素直になれない!」死亡フラグをガッとへし折りますww しかもなかなかの名セリフでww ずれてるけどww

●秀吉は秀次の風車でお捨をあやし、茶々は信繁に、子供のことを尋ねます。ここでとっても可愛いすえちゃんと作兵衛のカットが入って、カメラは上田へ。

とにかくすえちゃんが可愛いわ可愛いわ✨✨ すえちゃんを溺愛する作兵衛も可愛いわ✨

秀次の今後の悲劇を考えてドヨーンとするところにうまく差し込まれてますね。

鬱屈していく信幸

●で、上田城ですが、信幸は稲がちっとも心を開かないので困っています。

稲は、上田城の食事は塩っ辛すぎると食事にも手をつけない。

というのも、父親の本多忠勝が娘を心配するあまり、驚くほど足繁く上田に通ってあれこれ世話を焼くのでまだ「父の娘」なんですね。

しかも「仇の家に嫁いだ娘」

●一応、婿殿には日本一の娘にふさわし婿になっていただきたいとか、友好演出もするんですけど、根っこは父娘揃って一本気に真田を敵視しており、信幸はだんだん本気でしんどくなってきます。

お婆様が体調を崩したと聞いても、忠勝は稲に見舞いを禁じる冷たさ。

●そんな鬱屈した思いを抱える信幸の前で、おこうさんが明るく輝くのがもう、もうww

嫡男の嫁というプレッシャーから解放されて、意志的になったおこうさんは、明るくてフワフワしてて優しげでいながらしっかりもしていて、これは膝枕してもらいたくなるわww

●でも、稲ちゃんも、父親から「風邪をうつされてはたまったものじゃないから、お前は見舞いに行くな」って言われた時に、さすがにこれおかしいんじゃない?って気がついた顔をしていたので、多分そろそろ打ち解けてくるんじゃないかと思うんですけど、どうかなあ。

相模守氏政

●その頃、北条氏政は嫡男を伴って伊豆で鷹狩りを楽しんでいました。

板部岡江雪斎は、氏政に、本多正信が近くまで来ている、ぜひ挨拶したいと言ってきていると伝えます。

訝る氏政ですが、正信ではなく家康が来ていることを察し、非公式会談に応じることにします。

というあたりで、〈2〉に続きます。

〔スポンサーリンク〕

真田丸 完全版 第壱集 [DVD]

あれ、まだ割引価格で残ってる。

と思ったら、予約の場合は自動的に予約期間中の最低価格で請求が行われるようです。

とはいえ、念のためご注意ください。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA