「再会」内野聖陽さん演じる徳川家康の造形の巧み。腹黒と優しさを繋ぐビビリ。

スクリーンショット 2016-05-03 10.50.39

画像転載元:nhk公式サイト

徳川、豊臣、真田、各ルートのエピソードが詰め込まれた17回でした。

16回と同じく、今後の伏線となる溜め回だったと思います。

溜め回というのは「この先に面白いのが見られるから、今は耐えるんだ」回でもありまして、普通はあんまり面白くないのですが、溜め回でも面白いのが真田丸のすごいところです。

私的には徳川家康殿にぐっときました。

スポンサーリンク
ad

徳川家康の怖さと優しさ

17回は家康の怖さと優しさ、両方が描かれた回でした。

怖い方は、真田攻めを直前で秀吉に止められた場面によく出てましたね。

出陣しようとしたまさにそのとき、片桐様はまだ寝ていたくらいですから夜明け〜早朝、本当にギリギリを狙って出された早馬によって行動を止められる。これはひどい。

彼自身の怒りもありましたけど、リーダーのパフォーマンスとして、片桐様にものすごく怒って見せる。

内野さんの怒声がまた良くてですね、大きくて、太くて、腹から声が出ていて、戦国武将らしい恐ろしさがありました。

片桐さんが胃を抑えるのも無理はない。

あと終盤に、信繁との再会で煽られて「真田安房守には、兵法の極意を請いたい」とかなんとか、悪鬼みたいな顔で若造を一瞥する。

あれも怖かった。

スクリーンショット 2016-05-03 10.50.27

画像転載元:nhk公式サイト

表向きの徳川家康は頭の切れる狸で、激怒パフォーマンスをさせてもちゃんと恐ろしく振る舞うことができるし(結構本気でしたけど)、必要があれば大変冷酷な手段を取ることもできます。

が、同時に、情け深い、細やかな優しさも持っている。

17回で言えば、政略結婚で無理矢理自分に嫁がされた旭姫に、「儂らは夫婦なんですし、笑うてくだされ」と手を握って優しくいたわるシーンですね。

ここはいろんな意味でおもしろかった。

まず、旭にこんな風に優しくする家康は大河では珍しい。

旭ちゃんは芸人枠の出落ち担当であることが多く、家康との関係までしっかり描かれることは普通ありません(私の記憶では見たことがないように思う)。

旭関連のエピでは、家康は旭を正室として丁重に遇するけどよそよしい関係、というのが定番です。ぶっちゃけ、醜女が表向き大切にされるだけ、というやるせないエピソードです。

私もここはノーマークで、清水ミッちゃんの史上最強のぶんむくれ顔+メイクのインパクトにのみ注目していたんですが、家康が旭に情けをかけるところまで丁寧に描いていたので驚きました。

しかも「笑うてくだされ」→「笑ってます」というコントまで。丁寧。すごく丁寧。

そして、大政所が本物かどうかを試す目的であるはずの母娘の再会では、我知らず感動して目を潤ませる家康。

伊賀越えと同じく、これまで定番すぎて流されていた史実イベントを、再解釈・再構成して家康の「優しさ」を描く。

趣向がとっても面白いし、内容も素晴らしかったです。

スクリーンショット 2016-05-03 10.51.37

画像転載元:nhk公式サイト

繊細な小心者だから

家康の属性として「優しさ」「情け深さ」があるのは、後に天下人として彼が支持を集めるようになる前振り、と既に指摘されているところ。

ほんとその通りで、秀吉の登場により、そこがより際立ってきました。

秀吉は、聡明であるために即断即決であり、冷酷です。頭が良すぎて悩まないタイプ。

昌幸が実は家康と似た者同士であるのに、家康と秀吉は「対照的な」人物として描かれます。

で、後の天下人となる胆力と、「情け深さ(仁徳といっていい)」という家康の属性をうまく繋ぐのが、もう一つの属性である「びびり」。

繊細な小心者という一面があるから、優しいし、慎重だし、無闇な殺生を好まないし、話が通じるし、賢いし、逆に強くもなることもできたんだよね。

と、「びびり」のおかげで、視聴者は家康の冷酷さ・強さと、優しさ・情け深さ両方を受け入れやすいという造形になっています。

あと、単純に可愛くて楽しい^^ 親しみやすい^^

スクリーンショット 2016-05-03 10.51.08

画像転載元:nhk公式サイト

ここのところはほんとうまいなあ、と以前から感心していましたが、秀吉の登場によってますますそう思うようになりました。

苛烈で怜悧なのに、いざとなったら人たらしってところは秀吉のものすごい魅力ですけど、やっぱり普通の人が長い事つき合うには疲れちゃうんだなあ。

石田治部殿は秀吉にずーっと魅了されたままですけど、あの人の方が特別なんですね。

(しかし、↑↑↑のスチール写真の秀吉の衣装すごいなww)

秀吉の死後、家康は多くの支持を集めるようになるのですが、その理由として秀吉と対照的に「常識的」「情け深い」という属性を持っているというのは、後々効いてくる感じがします。

スポンサーリンク
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
ad