「大坂」騙されるおじさん。素直さは神様の贈り物です。

スクリーンショット 2016-04-14 23.39.06

画像転載元:nhk公式サイト

騙されたおじさんはどうだったかというと…

スポンサーリンク
ad

もう裏切っちゃったんですから

十四回後半には、騙された男が再登場します。

これがまた、叔父上の真っ黒さと好対照なんですけれど、自棄になって管を巻き、若造に絡み酒という醜態を晒すんですね。

絡まれた信繁はそんなこと自分に言われたって…と言った顔で、「唆された方が悪いんじゃないでしょうか。父も叔父も私から見てもどうかと思いますけど、最終的に出奔を決めたのは石川様でしょ」なんて言う。

しかし次第に信繁の中で、春日信達の謀殺のこと、梅ちゃんの死、三十郎の言葉がリンクしていき、

「仕方ないですよ、もう裏切っちゃったんだから。石川様、前に進みましょう!」

と、最後は数正を同じ時代に生きるものとして励まします。

ここで、意外なことに、励まされた数正が「うん!」と、もうプライドも確執も全部捨てた、すごく素直な返事をして、信繁に応じる。

ここが本当の信繁の青春の総括だと思いました。

太平記の最後シーン「敵も味方も、みんな同じ時代を生きた仲間だった、儂は精一杯生きた」と同じ趣向ですね。

シーンの最後、少年のような初々しい顔で、前に進む事に決めた石川数正。

彼は秀吉の下で10万石の大名となり、勇壮且つ繊細な松本城を建て、歴史に名を残します。

ここに救いが用意されていて、ほんとに良かった。

この回は、上杉景勝のダメさ加減、プライドにこだわってグダグダし、三成が信繁を無視すれば不機嫌になり…が描かれていたので、余計に数正の素直な思い切りが際立ちましたね。

また、悪魔と取引するか、災害だと思ってやり過ごすか、という真田対策の明示でもありました。

真田丸は、悪魔と取引しちゃった徳川の、最終勝利までの物語と思うと、また感慨が増しますよねえ。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA