「人質」三谷幸喜氏は、過去の戦国大河を上書きしてやるとか思ってない?

スクリーンショット 2016-03-29 20.46.31

画像転載元:nhk公式サイト

家康の嫡男、二代将軍秀忠役が星野源さんに決まりましたね。

近年の徳川秀忠と言えば、やはりこの御方だと思うんですが、

fd20110715r1b

画像転載元:nhk

向井理さんと星野さんて似てね? と思ったのは私だけじゃないはずだ。少なくとも絵面はそんなに離れていない。

スポンサーリンク
ad

三谷幸喜氏の野望大河になってきてる

脚本の三谷氏は、真田丸で、野心的に歴史的な人物の造形に取り組んでいますよね。

知的で腹黒でかっこいい昌幸もだけど、頭の切れる腹黒だけどヘタレ、という新しい家康像の提示もそう。

「迷走」真田昌幸という、知的でタフ、愛情深くてサレオツな父親という新しい理想の男性像が、多分日本を変える。
画像転載元:NHK公式サイト 今回、ふと、老若男女を問わず目を♥︎にしながら「草刈正雄かっこいいよね」って言っていることは、ものすごく重要なことなんじゃな...
「窮地」三谷幸喜に内野聖陽さんの非イケメン的使い方を学ぶ。
信長死後の直後、未来がどうなるのか誰にも予測の出来ない、リミナルな天正10年の中でも最もリミナルな数日を描いた第五回。 徳川家康と彼の家臣たちにす...

そしてあまり大河で描かれてこなかった上杉景勝・直江兼続主従は、彼らを主人公に据えた唯一の大河ドラマである「天地人」を上書きしようとしてる…よね??

特に従の方。

主の方は、人物像が近いような気がします。どちらも器用じゃないお人で。

でも従の人はどちらかというと、真田丸の方が従来イメージに近く、この従来イメージの映像化こそ多くの人が望んでいたことなんじゃないかと思うと、「上書きしてやる!」とか全く責められない。

(「天地人」の兼続がなぜ愛と義のもみじになったかというも面白い問題で、権力者に率直にもの申す解釈の直江状とか、米沢転封の際に召し放ちしなかったとかの要素のせいで、当時幅をきかせていた、ダメリベラルの考える理想の戦国武将みたいになっちゃったのかなあ…と…)

そして今回の秀忠=星野源さん。三谷さん、「江」の上書きも画策してる? よね??

いやこれはむしろお願いします案件。楽しみです。

スクリーンショット 2016-03-29 21.00.33

画像転載元:nhk公式サイト

真田大河の美味しさを存分に活かして

真田もののドラマは、合戦、忍者、個人の武芸勝負などなどが描けるのが美味しいのですが、

武田・上杉・北条・豊臣・徳川という戦国の有名諸勢力を描写できるという意味でも大変美味しいポジションを確保してる。

真田おいしい。汚いだけじゃない。

そしてここにも私は、三谷幸喜さんの「大河の脚本をたくさんかくのは大変だけど、1作でなるべく多くの武将を書けばいいじゃない!」という野心を感じます。いいと思う。

過去作を背景として利用したり、上書き保存どころか、disるのもぜんぜんありじゃないでしょうか。

それは、過去作品が詰まらないからじゃなくて(いや天地人は私的にはかなりアレな作品でしたけども)、作品を見ての感想であり、返信のお手紙。

作品に「相場」などというものはない。

disる勢いで全力でぶつかるべき。

「過去の先輩たちの実績をリスペクトしつつ、新しい大河ドラマを作っていきたい」ということを毎年必ず統括Pが言ってましたけど、そんな中途半端な志はいらんかった。

大河ドラマってこういうものだろ、こんなもんだろ、みたいな変な型だけ踏襲するのが一番つまらないんだよおおお!

作品を作る人たちには、どんな形での参加であれ、心からおもしろい、楽しい、こういうのが作りたい、というものに向かってほしい。

現実はいろいろ厳しいかもしれないけど、野心というクリエイターにとって大事なものを忘れないでほしいの。

まあとんでもない駄作が作られちゃう可能性も充分高いんですけど、たとえそうなったとしても、私は全話視聴とレビューをお約束しますので(キリッ。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA