ダウントンアビー season 4 #7「ある夜の出来事」メアリーとブレイクの距離が縮まる。喧嘩仲間から恋愛対象に昇格するいつか見たパターン。

top_image_01

以前、メアリーをジェーン・オースティンの小説のヒロインみたいに、男のくどき文句にぽーっとなって…と書いた事がありますけど、今回もまさにオースティン。

魅かれ合いながら喧嘩をするメアリーとブレイクは、まさにエリザベスとダーシー卿を彷彿とさせました。パロディなんでしょうね。

スポンサーリンク
ad

私のブタよ

というわけで、まず主にメインディッシュであるメアリーとブレイクのエピから。

貴族が領地経営に失敗するのは覚悟が足りないからと批判的なブレイクさんは、ダウントンの経営者である伯爵、そしてメアリーのことも覚悟のない貴族と内心侮蔑しています。

そしてチクチクと嫌みを言う。メアリーはブレイクさんに辟易しますが、やっぱり内心領地経営にアドバイスがほしいと切実に思っているようで、なんのかんのと距離を縮めて行きます。

ダウントンは経営改革のため、養豚を始めます。実績ある人物を雇い、豚を購入したものの、ブレイクとメアリーが夕食後に視察に行くと、水桶が壊され子豚が脱水症状を起こして死にかけていました。

(ここで登場した豚がものすごくかわいくて、動物好きの私はちょっと萌えた…! ダウントンは登場する動物がみんなかわいいです)

泥に足を取られて転びながら、豚を救うために、自らバケツに水を汲んで走るメアリー。ブレイクはその覚悟を認め、二人は急速に近づいて行きます。

ここはメアリーのシーズン4一番の見せ場じゃなかったでしょうか。

夕食用の優美なドレスに泥を被りながら、髪を振り乱して走るんですよ。あのお嬢様のメアリーが!

そしてこの豚は私の豚よ!とガッツを見せる。

ブレイクはその気概に惚れてしまいます。視聴者は腹上死したトルコの外交官の死体を運ぶなどのメアリーの意外な根性とガッツを知っていますけどね🌟 メアリー、さすがよ!

イブリン・ネイピアがさっそく二人のことを嗅ぎ付けて「ライバルが増えたみたいだ」と品よくヤキモチを焼きます(だからそんな崇拝者止まりじゃ駄目なんだって)。メアリー空前のモテ期です。

イーディスの決心

嫁入り前なのに恋人の子供を妊娠してしまったイーディスは、叔母のロザムンドに事実を打ち明けます。

しかもマイケルがどうなったかわからない現在、もう中絶するしかないと決心しています。

もしマイケルが生きていて、後々結婚したとしても、赤ちゃんのこのは秘密にし通す、という可哀想なイーディス…。あの時ストラランさんが結婚してくれていたら、今頃こんな苦労はせず、遺産でのんびり暮らせていたのに!!

ロザムンドはどんな時も味方になると告げます。

ところでロザムンドおばさまは、メイクで少しバイトレット様に似せているんだなあと今回初めて気がつきました。

ロザムンドは若い頃のバイオレット様を彷彿とさせる、レトロファッションの素敵な、きりっとした美熟女で、毎回眼福でございます。

翌日、中絶処置をしてくれる民間の医院に向かったイーディスとロザムンドですが、そこでイーディスは決意を翻します。自分は間違っていた、子供は生むと。

イーディスについてロンドンに来ていたローズは、前回登場のジャック・ロスさんと水上デートを楽しみます。このビッチもこれからどうなるんでしょうか…

story_ph_26

バイオレット様が気管支炎に

ところで今回、グランサム伯爵が義弟(コーラの弟)のためにアメリカに行く事になるのですが、見送りにきたバイオレット様の具合が非常に悪そうだったんですね。

心配になったイザベルが夜に見舞いにいくと、バイオレット様はもうヨロヨロ。慌てて村の医師クラークソン先生を呼びに行きます。この先生、24時間営業かってくらい村民に尽くしてますよね…

バイオレット様は気管支炎で、肺炎が心配されましたが、イザベルが献身的に看病し、回復させます。息子を失った時、伯爵家が支えてくれた、その恩を返したい、というイザベルの思いに泣いたよ。

出会った頃は猿山の猿のようにマウント争いをしていたバイオレット様とイザベルの友情はさらに深くなり、クラークソン先生が外野でウォッチする目になっているのが印象的でした。微笑ましい^^

その他のエピ

●義弟ハロルドの投資失敗問題はどうなるのか。伯爵のアメリカでの活躍は?

●ベイツさんのアメリカ行きを止めるために、ヒューズさんはメアリーにアンナの件を打ち明けます。メアリーは伯爵を説得するんですが、「トーマスを連れて行ったらいいじゃない。舟には魅力的な船乗りがいっぱいいるんだから喜ぶわよ」とか言うんですけど、ご家族感でもトーマスはネタなのかww

●そんなわけで、急遽ベイツさんの代打でアメリカに行く事になったトーマスは、ベイツ夫妻が何かしらの困難にあっていることを察し、バクスターさんにスパイを命じます。しかしそれをモールズリーさんが聞いてしまいます。

●アルフレッドがダウントンに挨拶に顔を出します。ジミーからアルフレッドに乗り換える意欲満々なアイビーに、デイジーは嫉妬でおかしくなりそう。

しかし、アルフレッドは自分の気持ちに素直でかわいいアイビーに魅かれずにいられません。

確かに、デイジーって辛辣でちょっとトゲトゲしい感じがして、ホワホワかわいいアイビーの横にいると損しちゃうと思う。

報われないねー。

●アイビーに振られたジミーは、欲求不満でイライラ。トーマスは笑いながら俺がアメリカから帰るまでに幸せになっていてくれよ、なんて心の広い事をいいます。お前、その優しさをもっといろんな人に向けてあげろよ…

さてそろそろローズの社交界デビューですね。華麗なエドワード朝絵巻が楽しみ♥︎

画像転載元:ダウントン・アビー公式サイト(スター・チャンネル)

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA