kindle本が年末セールしてる! 積ん読用の歴史本をピックアップ。

kindle-254339_640

年末年始のお休みに向けて、Kindle年末セールをチェックしときましょう♥︎

歴史本じゃないけど、この先のためにこれは読んでおきたい本ですねー。多分月末まで99円と超オトク。

こちらも月末まで。299円です。昔読んだような気もするけど、もっかい読みたいのでポチ。

今、世界史ではまっているのがモンゴルだったりします。

建国したチンギス・ハンもいいし、バトゥの西征もいい、後世のティムール(チンギスの血は引いてないけども)も、インドのムガル帝国もおもしろい。日本に攻めて来たクビライもすごく興味深い人です。そして元寇のときの日本もおもしろい。

たしか大河「北条時宗」の脚本家・井上由美子さんは、脚本家になる前は当時流行ってた中国系のファンタジーを書いてた気がするなあと唐突に思い出したりもする。

まとめ買いアンゴルモアが4巻セットで1252円。一巻あたり313円ときたら、迷わずポチ。

12月に8巻が出たばかりの乙嫁がまとめ買で1-7巻までが232円と超お得。

乙嫁はbookwalkerでほぼ定価の600円で購入してて…凋落する日本企業は空気が読めないのが困ったものである。うん、もうKindleでいいよね……ポチ。

「天地人」の原作者、今年若くして亡くなった火坂雅志さんの短編集。「天地人」の記憶補完というか上書き用ににポチ。年末まで199円。

言うまでもないけど前田慶次郎など、質実剛健なイメージの強い上杉家に何故か集ったかぶき者たちが描かれてます。

直江兼続の実弟・大国実頼は小泉孝太郎さんであのときはぼんやりした弟キャラと思いましたが、後年慶喜があんなにはまるとは。影勝の義兄弟、景虎はイケメンだった…。正妻の菊姫は、歌舞伎の八重垣姫のモデルでしたっけ…言われてみればかぶいてるかもしれないなあ…と、いろいろ思いだしながら。

週に何時間か読書の時間を取る、というのも贅沢な話になっちゃいましたけど、年末年始ですし、歴史エンタメに浸る幸せを堪能する予定です♥︎ みなさんも是非「真田丸」までの歴史チャージにどうぞ♥︎

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA