今まさに史上ワースト大河という天下の剣を登っている「花燃ゆ」について。

meijihen_pos

画像転載元:NHK公式HP

最終回が終わるまで批判はがまんしようと思ってたんだけど。

スポンサーリンク
ad

数字に残すべき負の金字塔

まだ全部終わってませんけど、花燃ゆの平均視聴率が「平清盛」に及ばず、このままだと歴代ワースト1位になりそうとのこと、

NHK大河ドラマ『花燃ゆ』大河史上ワースト記録更新まっしぐら!? 相次ぐ“迷走テコ入れ”に「『真田丸』を前倒しで!」の声が噴出?
(転載元:
@otapol_jp)

いいではないか、更新しておけ ( ゚Д゚)y─┛~~

つか更新しておくべき。

民主党政治が国民に大きなトラウマを残したように、大河ドラマの強固な固定ファンに消えないトラウマを残しました。その真実をわかりやすく数字に残しとくべきです。

私などが必死で毎週レビューしてる動機はですね、

今後これ以下の大河ドラマを作らせることがあってはならない

っていう気持ちですよ。マジで。

視聴率は取れなかったけど、作品は悪くなかったとか、一部ファンには人気が高かったとか、そういう中途半端な評価は不要。もう後世の誰が見ても2015年は大きな底だったと知れるよう、わかりやすく視聴率もワーストでお願いしたいです。だってその方が話が早いからね!! いろいろね!!

井上真央ちゃんに責任はあるか

低視聴率の原因は井上真央なのか、というとそれは違うんだけれども、でもちょっとだけ「井上真央のせいだよなあ」と思うところもあります。当然。

なぜ長州から吉田松陰という人が生まれ、過激派の志士たちが多く育ち、維新の主流となっていったのか、ここが一番大事なところのはずなのに、製作陣はあえてそこをスルーして、普通の幕末生まれの貧乏武士の家に生まれた普通の少女、文ちゃんがキラ星のごとき村塾の俊英たちに囲まれる感情生活にフューチャーしました。

が、しかし、自分たちでは普通の少女である文ちゃんの造形ができず、主演の役者さんにそこらへんを頼った。

これは大変な縛りの中での作業だったと思います。お気の毒。

その結果、文ちゃんがただお握り握ってただけの調子のいい女、塾生たちの思想に無頓着なまま、きれいごとを言い続けるというどうしようもない女になってしまった。

これは明らかに製作陣の責任ですが、でもなんで井上真央ちゃんもこんな無茶ぶりを引き受けちゃうのかなあと思うんですよ。

真央ちゃんが演出やCPの無茶ぶりを一生懸命聞いて、彼らを満足させるよう振る舞ったことは想像に難くない。そういう物わかりの良い子を、予算もない、脚本家もどうしようもないっていう大河の主演に持ってくるnhkのセコずるさには呆れるばかりです。

多分今も真央ちゃんは花燃ゆがつまらないのは「自分の責任です」って言うと思うよ。それをかばう脇役さんたちが真央ちゃんと「花燃ゆ」を持ち上げ、まるで「花燃ゆ」がまともなドラマのように扱われていく。番宣もHPも見ていると辛いですワ。

いや、ここまで全部妄想なんですけど、でもそういう裏事情みたいなものが、ドラマの向こう側に透けて見えちゃうんですよ。

視聴者からしたらこんなひどい話はなく、だから井上真央さんに責任の一端は確実にあるワ。

語られなかった長州の物語

花燃ゆというのは、視聴者の需要に応えなかったドラマでした。視聴者の多くが何をみたかったかというと、長州側からみた幕末ドラマを見たかった。

維新の勝者である長州であっても、維新に至るまでは悔しい思い、無念なこともたくさんあった…はずなのに、「花燃ゆ」ではそれがほとんど語られなかった感じがするのね。いや、語られてはいたんだけど、薄められてしまった。

主人公がほぼ架空の人物と言っていい2.5次元的存在で、彼女のどうでもいい感情ダラ流しがクライマックスだったため、八重ちゃんがそうであったような依り代になれず、長州の労苦の真摯な描写が行われなかった。

井浦新さんが「平清盛」で崇徳院を演じた時、多分語りきり、演じきる事で成仏させると言ってたけど、そういう演劇の根源的なところって現代でも意外と大事です。

(「平清盛」自体が、清盛と平家の救われのためのドラマでしたね〜)

今回の「花燃ゆ」では制作側がそういう演劇の根源的な呪術性を理解してなかった……のならまだいいんですけど、あえて全部上っ面をちょっとなぞって、喉越しよくまとめてみせることで、維新の労苦を薄めていたように見えてならない。語られ、救われの機会を与えられたようで、与えられなかった志士たちが可哀想。正直、悪意すら感じましたもんね。長州の人、怒って当然ですわ。

特に「花燃ゆ」で語られ・救われるべきだったのは(楫取素彦でも、楫取美和でもなく)実は久坂玄瑞ではなかったかと、今は強く思いますね。でもドラマの落としどころが初恋の成就じゃあね……

そんなテーマは大河ドラマじゃなくても良かったのに、そんなもののために貴重な大河枠が使用されてしまったという、せめてこの間違いを後世に語り継ぐためにも、花燃ゆには「史上ワースト大河」というなかなか登りきれない山を登りきってほしいと思います。合掌。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA