アムウェイの商品を気に入っても買わない方がいい理由。おそらくキックバックの分、割高です。

bridge-19513_640

アムウェイビジネスには興味はないけど、商品はいいものみたいだから買おかな、という人、ちょっと待って。

その商品、本当に適切な価格ですか?

スポンサーリンク
ad

商品の値段に入っているもの

商品の値段には、

  • 原材料費
  • 製造コスト
  • 物流コスト
  • 販売コスト
  • 利益

が含まれています。

例えば、今クレジットカードが普及していますが、クレジットカードを小売店が利用するためには、カード会社に3〜5%の手数料を払わなければなりません。

その手数料は小売店の利益から差し引かれる…わけはなくて、販売コストとしてすべての商品の値段に乗っかっています。

クレジットカード手数料分割引をされることはないので、現金払いは実はちょっと損なんです。

ところでアムウェイの商品の場合には、アムウェイという企業が確保しなければならない、ちょっと特殊なものが値段に含まれています(のはずです)。

推測ですけど。

それは、ディストリビューターに支払うキックバック(※)分のコストです。

※キックバックというか、とにかく、努力報酬として、販売員に還元されるお金と思ってください。

tree-77271_640

日本だけでも何億ってお金がキックバックされている

推測ではありますが、まさかアムウェイという企業が、キックバックのお金を自分とこの利益を削って支払う訳はありません。

毎年、日本だけでも合計で大変な額のお金がキックバックされていますが、そのキックバックコストは、最初からすべての商品のお値段に含まれている…はず。

つまり、その分、同レベルの一般的な商品に比べて割高であるだろうことが予想されるのです。

予想ではありますけど、あなたはそのコストまで、消費者が負担すべきだと思います?

広告宣伝費とか、クルーズ費用とか…

あと、アムウェイという企業の特殊性の一つだと思うんですけど、年に1〜2回、ドームを借り切っての報告会+海外アーティスのミニライブみたいなものをやってますよね?

成績優秀者の豪華クルーズ船合宿もありますよね?

あといろんな冊子を無料でディストリビューターに配布したり、いろんなサポートをしていますよね?

それらの費用は絶対に商品の値段に含まれている、あるいは、そのコストの分、商品の質を削減してるはずなのです。

(だからアムウェイの洗剤はあんなに薄いんじゃないかしら……※個人的な感想です)

(値段と、キャンペーン女優と、著名デザイン事務所を利用する割に、アムウェイ商品のパッケージが残念な感じなのは、きっと……※個人的な感想です)

つまり多分、ちょっとくらいじゃすまないお金が乗っけられてると考えられるわけです。

……ということを購入の際の判断材料にしてみてください。

その商品に値段だけの価値があると思えますか?

専用サイト作りました!

ネットワークビジネス関連の対策についての記事は今後以下のサイトに投稿します。役に立ったら嬉しいです。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA